どんな病気?下肢静脈瘤とは

下肢静脈瘤とは、足から心臓に向かう血液がうまく流れなくなってしまうことで、血管が瘤のようにぼこぼこと浮き出る病気です。

主に、以下のような特徴があります。

症状 原因

足がだるい・むくみやすい。
攣(つ)りやすい。
足の血管がクモの巣状に見えている。
血管がぼこぼこと浮き出ている。
皮ふが茶色や紫色に変色している。

年を重ねたことによる血管の衰え。
運動不足。
妊娠・出産によるホルモンの変化。
高血圧(脂質異常症)による血管への負担増。
遺伝。

なりやすい人

立ち仕事をしている人。
年齢を重ねて、足の筋力が落ちてきた人。
妊婦さん。
締め付けのキツい下着・パンツ・履き物を着用している人。
※一般的に、女性に多い病気とされています。

血管がコブになる特徴をもつことから、「そのコブを作っている何かが脳や心臓などの血管に移動し、命に関わることになるのでは」と心配される人も少なくありません。

しかし、下肢静脈瘤の根本的な原因は、足から心臓に向かう血管の中にある血液の逆流を防ぐ弁(静脈弁)が、うまく機能しなくなることです。

ほとんどの場合、放置しても命に関わる心配はありません。

下肢静脈瘤を放置しても命に関わることはない。しかし…

下肢静脈瘤のやっかいな点は、自然に完治することがありえないということ。必ず血管に強い病院やクリニックでの治療が必要になってきます。

もし放置すると、足のだるさに始まり、血管が浮き出る・皮ふが変色するといった症状が出てきて、ひどい場合は皮ふが壊死してしまうことにもなりかねません。

どんな症状になるかは、どこに静脈瘤ができているかによっても変わってきますが、いずれの場合も症状は徐々に進行します。中には、両足に静脈瘤ができてしまうケースもあります。

少しでも心当たりがある場合は、速やかに専門の医療機関に相談してみるとよいでしょう。

日常で気をつけるべきことは?

下肢静脈瘤の症状悪化を防ぐために、日常生活において意識すべきことをまとめました。

足の静脈瘤で知っておきたい日常のこと

下肢静脈瘤は日常生活の見直しや行動によって、予防や症状軽減が可能です。

たとえば食事。食物繊維の少ない食事を習慣にしていると、便秘になる可能性が高まります。便秘は静脈圧を上昇させるため、下肢静脈瘤を悪化させる要因に。野菜を多めに摂るなどして、便秘にならない食生活を習慣化させましょう。

また、スポーツやマッサージ、履き物の種類に注意することも大切。

妊娠・出産時の下肢静脈瘤に関しても自然治癒はしますが、気になる方はこれらの方法を試すといいでしょう。

食べ物について

食べ物について
食生活を見直すことは、下肢静脈瘤の発症・悪化を防ぐためにとても有効だといえます。
症状悪化の一因となる便秘の予防には、食物繊維の豊富な食材を。また、赤唐辛子・にんにく・玉ねぎなどに含まれる「ブロメライン」という成分は、皮膚を柔らかくする効果があります。むくみやだるさを改善させるには、ポリフェノールが豊富に含まれる緑茶やワインが効果的。これらを積極的に摂ることで、下肢静脈瘤の改善に期待ができるのです。
一方で、もちろん下肢静脈瘤を悪化させる食材にも気を付けなければなりません。チーズやバターなどの動物性たんぱく質・脂肪分の多い食材、塩分の多いインスタント食品やファーストフードなどはその代表例。過度のアルコール摂取、コーヒーの飲みすぎなども血管に負担を与えるため、控えるべきでしょう。

スポーツについて

スポーツについて
血管がぼこぼこと浮き出るため、一見すると安静にするべきでは?と思える下肢静脈瘤。しかし、それは大きな誤りです。
適度な運動で足の血流を促すことは、下肢静脈瘤の予防に大いに役立ちます。ウォーキングや水泳、屈伸運動をはじめ、ヨガも良いとされています。
ただし、静脈が拡張してしまうほどの激しい運動は逆効果。症状を悪化させる可能性があります。スキー、テニス、フィットネスマシン、ランニング、サイクリングなど、足を激しく酷使する運動は避けたほうが良いでしょう。
いずれの場合も症状には個人差があるため、スポーツを行う際には事前に医師に相談するようにしてください。

マッサージについて

マッサージについて
静脈瘤は、静脈弁の不具合により血液が滞留することで起こります。そのため、血流を改善させるマッサージは、下肢静脈瘤の悪化を防ぐ効果があるとされています。
足首から太ももにかけて、やさしく包み込むようにマッサージするのがポイント。静脈瘤がある場所を直接マッサージすることは、避けるようにしましょう。直接押すことで血栓を誘発するだけではなく、最悪の場合、静脈瘤が破裂する可能性があります。
なお、リフレクソロジーも下肢静脈瘤には有効。トラブルを避けるために、資格を持った専門の人にやってもらいましょう。

履き物について

履き物について
足を支える履き物や靴は、良くも悪くも下肢静脈瘤に大きな影響を及ぼします。
下肢静脈瘤の方におすすめの靴は、ウォーキングシューズです。ふくらはぎへ適度に負荷がかかる構造が良いとされているのです。
反対に、ランニング用のシューズやトレッキングシューズは、構造上から静脈瘤の人には合っていません。また、ハイヒールは特に下肢静脈瘤を悪化させる可能性があるため、日常的には履かないようにしましょう。
靴は用途に応じ、様々な形状・素材でできています。足にかかる負担もそれぞれ異なるため、靴の選び方はとても重要なポイントのひとつとなるのです。

妊娠・出産について

妊娠・出産について
妊娠中の女性の約10~20%は、黄体ホルモンの影響から下肢静脈瘤を発症すると言われています。
しかし、こちらは基本的に自然治癒するため、心配はいりません。産後にホルモンバランスが戻れば、症状は消滅します。
足のむくみやだるさが著しい場合には、マッサージなどのケアをしても良いでしょう。また、軽い運動で足の筋肉に適度な負担を与えることも有効です。
妊娠中の運動については医師に相談の上、マタニティー向けのスイミングスクールなどに参加してみるのもお勧めです。

治療方法について

医師による下肢静脈瘤の治療方法は、大まかに以下の5つに分けられます。

  • 硬化療法薬を注射し、静脈瘤が起きている血管を固めてしまう治療法です。注射だけで済み、痛みもほとんど無いので体への負担は少ないですが、再発率が高いのが欠点です。
  • 高位結紮術(こういけっさくじゅつ)静脈を縛り、血液の逆流を止める治療法です。局所麻酔による日帰り手術が可能で、術後の痛みや出血が少なく傷跡が目立たないという利点があります。但し、再発率が高いため硬化療法と併用するケースが多くなっています。
  • ストリッピング手術血管の中にワイヤーを通し、静脈ごと静脈瘤を引き抜くという治療方法です。再発率が低いのが特長ですが、術後の痛みや出血があるため体への負担が大きいのが難点です。
  • 血管内レーザー治療現在主流の治療方法で、静脈にレーザーファイバーを挿入し、内側からレーザーを照射して静脈を焼いて閉塞させる治療法です。静脈を取り出すことはないので、傷も残りにくく、日帰り手術も可能です。
  • ラジオ波(高周波)治療血管内治療法の一つで、静脈内に専用の金属カテーテルを挿入し、ラジオ波による熱により静脈を閉塞させる治療法です。

以上は完治を目的とした治療法ですが、下肢静脈瘤の治療は、個人個人の症状に併せて、様々な治療方法を組み合わせて行われます。見た目にも少なからず影響のある治療となりますので、どういった選択をするかは、担当医とよく相談するとよいでしょう。

下肢静脈瘤治療の名医がいる東京のクリニック

ここでは、東京にある下肢静脈瘤治療を行うクリニックの中で、特に評判がよく、実績も豊富な5院をピックアップして比較表にまとめました。

これから下肢静脈瘤の治療を受けたいと考えている方は是非参考にしてください。

両国あしのクリニック

両国あしのクリニックHPキャプチャ

長年悩んでいたコブがキレイに解消し、今はただただ嬉しいです。知人からの紹介で受診したのですが、受付の対応がすごく丁寧だし、先生も頼りがいがあって、手術も全く痛みがありませんでした。

一から十まで対応が丁寧で、治療の手際も素人目にわかるほど良い。下肢静脈瘤の専門クリニックだけあり、看護師さんもしっかり勉強されているようで、安心できました。

地元民です。地域で非常に評判がよく、実績も豊富、ということでお世話になることにしました。痛みも無く、対応も温かいので、こちらで治療を受けて本当によかったです。

実績 およそ11,000件以上の日帰り手術実績
現在、年間で1,000件以上の手術を行う
公式サイト http://www.asi.or.jp/
主な治療費(3割負担) 硬化療法:5,000円~10,000円
ストリッピング手術:30,000~50,000円
レーザー手術:40,000~60,000円
クリニックの特長 下肢静脈瘤やリンパ浮腫など足に特化した専門クリニックで、日本で初めて日帰りの下肢静脈瘤手術を行なったというパイオニアです。
担当医制により、患者さん一人ひとりに合ったオーダーメイド治療を行なっているのが特長で、手術は必ず血管外科専門医が担当。
アフターケアを行う看護スタッフのレベルも高く、患者さんの4人に1人が口コミ来院というほど評判の良いクリニックです。
公式ページはこちら

東京ヴェインクリニック

東京ヴェインクリニック公式HPキャプチャ

たっぷり時間をとって先生が症状について話を聞いてくれました。皮膚科があったのでシミなどの相談にも応じてもらえて助かりました。

保険適用の方で十分だからと無理に保険適用外の最新レーザーを勧められることもなく、説明もわかりやすかったです。

手術は緊張しましたが先生やスタッフが丁寧で安心しました。下肢静脈瘤以外の相談もできて、よいクリニックに出会えたと思います。

実績 2008年開院から累計で6,000件以上の手術実績
現在は年間で約1,000件の手術を行う
公式サイト http://www.tokyo-veinclinic.com/
主な治療費(3割負担) 硬化療法:約6,000円
高位結紮:約15,000円
ストリッピング手術:約40,000円
レーザー手術:約48,000円
※自費診療の最新レーザー手術(25万円)にも対応
クリニックの特長 下肢静脈瘤の治療を専門に行うクリニックで、早期からレーザー治療に取り組みドイツから導入した最新のレーザー機器も揃えています。
静脈瘤の状況に合わせたオーダーメイド治療を行なっており、様々な治療法に対応。
日帰り治療を基本としていますが、どうしても入院が必要な場合は東大病院の血管外科と連携して治療が進められます。
公式ページはこちら

お茶の水血管外科クリニック

お茶の水血管外科クリニック

今までかかっていた病院で答えてもらえなかったことも明確な回答がもらえました。いくつかの治療方針の中から選択できるのがよいです。

クリニックは新しくきれいで、看護師さんの対応もよかったです。先生が納得するまで何度も説明をしてくれて安心できました。

硬化療法を受けましたが、注射はほとんど痛みが無く浮き出た血管が目立たなくなったのでスカートも安心して履けるようになりました。

実績 これまででおよそ12,000件以上の手術実績
年間約2,500件の日帰り治療を行う
公式サイト http://www.kekkangeka.com/
主な治療費(3割負担) 硬化療法:約5,000円
ストリッピング手術:約33,000円
レーザー手術:約45,000円
高周波治療:約45,000円
クリニックの特長 日帰り手術を中心に最先端の治療に対応した専門クリニックです。
ストリッピング手術の症例も5000件以上ありますが、現在は保険診療のレーザー治療と高周波治療を主体に行なっており、担当する医師は全員認定医・指導医の資格を持っているので安心です。
特にレーザー治療は他院の医師が見学に来るほど高い評価を得ています。
公式ページはこちら

四谷血管クリニック

四谷・血管クリニック公式HP画像

病院内がとても清潔・きれいで看護師さんやスタッフの応対もよく、こちらのクリニックを選んで正解でした。

この病院で初めて手術を受けましたが、先生の説明がとてもわかりやすく丁寧だったので安心できました。

院長先生も含めスタッフ全員がとても親切だったので気持ちがよかったです。知人にも紹介するつもりです。

実績 開院から6年で硬化療法3,000件、レーザー治療4,700件
現在、年間で1,000件以上のレーザー・高周波治療を行う
公式サイト http://www.yotsuya-kekkanclinic.com/
主な治療費(3割負担) 硬化療法:8,240円~
レーザー手術:約44,000円~
クリニックの特長 皮膚を切らない治療をモットーとしている下肢静脈瘤治療の専門クリニックです。
血管内レーザー治療と硬化療法による日帰り手術をメインに行なっておりストリッピング手術には対応していません。
病態によりレーザー治療が適当ではないと判断された場合は、大学病院と連携して治療が進められることもあります。
公式ページはこちら

銀座七丁目クリニック

銀座7丁目クリニックのHPキャプチャ画像

先生やスタッフの対応が優しく丁寧な説明を受けたので緊張がほぐれ手術も安心でした。BGMが流れていてリラックスできました。

手術の一連の流れがとてもスムーズだったので安心して任せることができました。気持ちが良いクリニックなので他の人にも紹介したいです。

何もかもがきっちりしている印象です。足の調子もよくなりとても感謝しています。

実績 2011年開院から2014年4月までに約4500件の手術実績
公式サイト http://www.varix-laser.jp/
主な治療費(3割負担) 硬化療法:約7,000円
高位結紮:約11,000円
ストリッピング手術:約32,000円
レーザー手術:約45,000円
クリニックの特長 慈恵医科大学血管外科の精鋭医師チームが治療を行う下肢静脈瘤専門のクリニックです。
様々な治療法に対応していますが、レーザーを用いた伏在静脈の焼灼と、少切開による瘤切除を組み合わせた独自の治療法により、痛みが少なく傷跡の残らない手術を実現しています。
日帰り手術が基本ですが、提携ホテルが特別料金で利用できます。
公式ページはこちら