不安をなくそう!下肢静脈瘤のやさしい解説まとめ

下肢静脈瘤がよくわかるサイト » 足の血管が浮き出る病気!下肢静脈瘤とは

足の血管が浮き出る病気!下肢静脈瘤とは

ここでは、足の血管が浮き出る下肢静脈瘤とはどのような病気なのか、その症状や原因などについて解説しています。

下肢静脈瘤(足の血管が浮き出る病気)とは~その原因と治療の必要性~

下肢静脈瘤には大まかに一次性静脈瘤と二次性静脈瘤分けられますが、一般的に下肢静脈瘤というと静脈の弁不全によって起こる一次性静脈瘤のことを指します。

一次性静脈瘤にも伏在静脈瘤、側枝静脈瘤、クモの巣状・網目状静脈瘤、陰部静脈瘤というように種類があり、見た目や症状、治療法に違いがあります。

それぞれ発症する静脈の太さや場所に違いはありますが、原因はほぼ共通していて、静脈の中にある弁が壊れることで血液が逆流してしまい、下肢に血液がうっ滞することで起こります。

うっ滞によりぼこぼこと足の血管が浮き出るといった見た目の症状の他に、足がだるくなったり、つるといった症状が出て辛いと感じるようになります。

下肢静脈瘤は命に関わる病気ではないですが、放置しておくと進行する一方で様々な合併症を起こし、重症になると難治性の潰瘍になるので注意が必要です。

総合病院の血液外科や下肢静脈瘤治療専門のクリニックを受診するのが最も望ましいですが、あまり数は多くないため近くにない場合は、循環器外科や形成外科、皮膚科で治療が可能かどうか確認するとよいでしょう。

立ち仕事をしている女性や足の筋力が衰えているとなりやすいと言われていますので、心あたりがある方は日頃から十分気をつけることが必要です。一度発症してしまうと自然に治ることはないため早めの受診をおすすめします。

下肢静脈瘤の種類や症状、原因、予防法などについてはさらに詳しく解説していますので、どうすればよいか気になる、もっと知りたいという方は是非参考にしてください。

足の血管が浮き出てきたけど、そのままにしておいていいものだろうか、それとも病院に行った方がいいのだろうかと迷い、悩む人は少なくありません。ここでは、足の血管が浮き出る病気についての種類や原因、症状などについて解説しています。

足の血管が浮き出る病気として、下肢静脈瘤があります。これは、下肢の静脈弁が何らかの原因で壊れて、血液が逆流してしまい、血液がうっ滞することで起こります。一次性静脈瘤と二次性静脈瘤分けられますが、一般的に下肢静脈瘤というと静脈の弁不全によって起こる一次性静脈瘤のことを指します。

種類を知る

発生原因によって大きく一次性静脈瘤と二次性静脈瘤に分けることができます。一次性静脈瘤は静脈の弁不全が原因で静脈瘤が発生し、保存的治療と外科的な手術治療が適応になります。二次性静脈瘤は静脈の深いところに血栓ができて血流が途絶えてしまい、表在静脈の血流増加により静脈瘤が発生するものです。

原因を知る

下肢静脈瘤の原因にはいくつかありますが、静脈の血液の流れが逆流して溜まってしまうことで起こります。原因としては、黄体ホルモンの関係で男性よりも女性に多く、妊娠や出産と関係しています。他には、長時間の立ち仕事や加齢による運動不足、遺伝的要素があります。

症状を知る

下肢静脈瘤の初期段階では、症状に気付かないこともあります。進行していくうちに、足のだるさや重さ、むくみを自覚したり、痛みを感じる、足がつるといった症状が出てきます。

何科に掛かるべきか知る

下肢静脈瘤を診てもらう時には、専門のクリニックに行くことをお勧めします。下肢静脈瘤は静脈という血管の病気なので、「血管外科」という診療科のあるクリニックを受診しましょう。

予防法を知る

下肢静脈瘤にならないために、日常の生活で自分でできることがありますので、いくつかご紹介します。

  • 長時間の立ち仕事の時には、時々座ったり、屈伸運動をしたり、意識的に姿勢をかえたり、足を動かしましょう。
  • 運動不足にならないように、ふくらはぎが動くような運動、例えば、水泳ウォーキングをしましょう。
  • 食べ物は、便秘や肥満のもとになる食べ物を避けるようにしましょう。
  • 女性は締め付けの強い下着やハイヒールをずっと履かないように気をつけましょう。

自己チェックリスト

普段から立ち仕事が多かったり、むくみが気になる人は下肢静脈瘤の疑いがあるかもしれません。5分でできるチェックリストを用意しましたので、ぜひ試してみてください。