不安をなくそう!下肢静脈瘤のやさしい解説まとめ

下肢静脈瘤がよくわかるサイト » 足の血管が浮き出る病気!下肢静脈瘤とは » むくむ

むくむ

足のむくみ

「足がむくむ」という症状は、単なる足の酷使や疲労だけでなく、病気が原因ということがあります。ここでは下肢静脈瘤などの病気が原因となって起こる足のむくみについて解説しています。

足のむくみは下肢静脈瘤のサインかも

下肢静脈瘤の症状の一つに足のむくみがあります。痛みはないものの靴下の跡がついたり、指で押すとへこんだまま戻らなかったりします。また、立った状態のときに血管が浮き出ているのが目立つ症状なども挙げられます。

下肢静脈瘤は日本人の約4割が発症するといわれている病気です。足のむくみは日常的によくみられる症状であり、下肢静脈瘤のサインである可能性が高いといってよいでしょう。

下肢静脈瘤は静脈の逆流防止弁が機能不全になってしまうため、足の筋力があっても血液が逆流してしまいます。

その結果、心臓に送られるはずの血液が足に溜まり、慢性的なむくみを起こしてしまうのです。

下肢静脈瘤は一般的に立ち仕事の人に多いと言われています。出勤時に履いてきたブーツが退勤時にきつくなっているというのがむくみの一例です。

しかしながら、足のむくみ自体はデスクワークをしていても起きます。同じ姿勢を続けることで血流が悪化するためむくんでしまうのです。

足のむくみがひと晩寝て治まるようであれば一過性のものと考えられるため、心配することはありません。

参考:『静脈瘤とは』日本血管外科学会

下肢静脈瘤は皮膚炎に繋がる恐れがある

下肢静脈瘤は良性疾患に分類されています。しかし、それほどの症状ではないと軽く考えて足のむくみを放置しておくと、進行して治りにくくなってしまう恐れがあるため注意が必要です。

重症化するとうっ滞性皮膚炎や皮膚潰瘍などを発症してしまい、完治までに時間がかかってしまいます。これらの症状になると、慢性的なむくみのほか、皮膚が黒く色素沈着を起こしたりえぐれたようになったりします。

見た目に影響を与えるため、単なるむくみとして放置しておくのは危険です。

足のむくみの大半は加齢や塩分の多い食生活が原因であると言われていますが、足がむくみやすい人を超音波エコーで検査すると足の静脈で血液の逆流が起きているというケースも少なくありません。

むくみが気になる場合は血管外科を一度受診してみるとよいでしょう。

また、弾性ストッキングの装着や、長時間の同じ姿勢を避けること、マッサージなどで下肢静脈瘤の発生や進行を遅らせることができます。

足のむくみは内臓疾患の可能性も考えられる

足がむくむ原因として考えられる病気は下肢静脈瘤以外にもあります。脚気や貧血などもそれに該当しますが、その中でも多いのが肝臓や腎臓の機能障害です。

例えば、慢性肝炎は肝臓にリンパ球が集まり炎症を起こすことで肝細胞が破壊され続ける病気です。肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれるくらいですから、この段階では目立った症状はみられません。

進行して肝硬変が発症すると、足のむくみや全身の倦怠感、お腹が張る、黄疸が出るなどの症状が発生するようになります。

慢性肝炎や肝硬変の病気になると、肝臓で作られるアルブミンというタンパク質の血中値が低下します。アルブミンには栄養素の運搬や血液の濃さを調節する機能があります。

そのため、血中値が低下すると余剰水分を血液に戻すことができなくなりむくみが発生するのです。

また、腎臓の状態が良くない場合はアルブミンの濾過機能が低下するだけでなく、尿として身体の中の水分を排出することができなくなってむくみを起こすことがあります。

心臓の病気もむくみの原因となることがあります。心不全を起こし心臓が血流を促すポンプの役割を果たせなくなると、心臓から遠い足の血行が悪くなって足のむくみなどの症状が出ます。

このように、足のむくみは内臓の障害と結びついていることも多く、検査によって重大な病気が発見されることがあります。慢性的にむくみが続く場合は病院で診てもらうことが重要です。