不安をなくそう!下肢静脈瘤のやさしい解説まとめ

下肢静脈瘤がよくわかるサイト » 足の血管が浮き出る病気!下肢静脈瘤とは » 側枝静脈瘤

側枝静脈瘤

ここでは側枝静脈瘤とはどのような静脈瘤なのか、その特長や原因、治療法について解説しています。

側枝静脈瘤の症状・原因と治療法

側枝静脈瘤とは大伏在静脈や小伏在静脈から枝分かれした足全体に広がる静脈の一部の血管が浮き出て膨らんだ状態になったもので、分枝静脈瘤とも言います。

症状・原因

側枝静脈瘤は伏在静脈本幹には静脈瘤や静脈逆流が見られず、足の血管の末端の静脈で逆流防止弁が壊れることで発症します。

伏在静脈瘤よりも細い血管で起こるため血液の滞留量が少なく、範囲も狭いため症状は軽いケースが多く症状により気づく人が少ないのが特徴です。

膝周辺の裏側や太腿、ふくらはぎに静脈瘤ができることが多く、大伏在静脈の分枝部分の弁不全や不全穿通枝と言われる静脈が機能不全になって逆流を起こすことが原因とされています。

この他、骨盤内の静脈(内腸骨静脈)の逆流も原因として挙げられますが、下肢静脈瘤の中では珍しい部類になります。

側枝静脈瘤は伏在静脈瘤と併発する場合と単独でできる場合があり、比較的併発することが多いため、伏在静脈瘤を見落としていないかよく確かめる必要があります。

主な治療法

側枝静脈瘤の治療には静脈の逆流を止める処置が必要で主に以下の治療法があります。

  • 硬化療法
    静脈血管内に硬化剤を注入して血管を閉塞させる方法で、1回が10~15分程度で済むため体への負担は軽いのが特徴です。静脈瘤が比較的細い場合には側枝静脈瘤の治療のほとんどは硬化療法が用いられますが、場合によっては静脈瘤に逆流している元を結紮した上で行われることもあります。
  • レーザー治療
    静脈内にレーザーファイバーを挿入して、血管内壁を熱で焼いて閉塞させる手術です。太い血管の側枝静脈瘤では、硬化療法よりレーザー治療の方が効果的で再発の可能性も低くなります。血管自体を除去するわけではないので体へのダメージが少なく、傷口もあまり目立たずに回復も早いという特徴があります。