不安をなくそう!下肢静脈瘤のやさしい解説まとめ

下肢静脈瘤がよくわかるサイト » 足の血管が浮き出る病気!下肢静脈瘤とは » 何科に掛かるべきかを知る

何科に掛かるべきかを知る

ここでは何科に掛かれば下肢静脈瘤を診てもらえるのか、また大まかな検査内容や流れについても解説しています。

下肢静脈瘤の検査・治療は血管外科で

下肢静脈瘤の治療を受ける際にどの診療科に行けばよいかわからないといった人は意外に多いようです。さて何科で受診するのが正解なのでしょうか。

その答えは血管外科になります。この診療科は血管の病気全般の治療を行なっていて下肢静脈瘤や胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤、末梢動脈疾患などに対応するからです。

ところが血管外科を設置している病院は日本ではあまり多くない上に、主に心臓の血管を専門としていて下肢静脈瘤の治療は積極的に行なっていない場合もあります。

ではどうすればよいかと言うと、血管外科から探すのではなく下肢静脈瘤を治療してもらえることを主体として探すことです。

最近ではインターネットで手軽に医療機関を検索できるので上手に活用するとよいでしょう。キーワードを下肢静脈瘤にして探せばヒットするはずです。

病院によっては循環器外科や形成外科、皮膚科で下肢静脈瘤の治療を行なっているところもあります。心配な場合は直接病院に問い合わせて確認してみるのがよいかもしれません。

また、中には下肢静脈瘤の治療を専門に行なっているクリニックもありますので、そうしたところが見つかれば間違いはありません。

診察から検査までの流れ

下肢静脈瘤の治療では最初にどこに静脈瘤があって、どのような状態になっているかを検査で把握する必要があります。

診察から検査までの流れを簡単にまとめると以下のようになります。

1.問診

どういった症状が出ているか、仕事内容や生活習慣なども聞いた上で、他の病気の可能性も含めて下肢静脈瘤かどうかを見極めます。

2.視診・触診

医師が患部を目で確認したり、直接触ってむくみ具合や皮膚の変色、静脈瘤の発生している場所を確認します。

3.検査

外からだとわからない足の静脈の状態や血液の流れを、機器を使用して検査します。検査方法は様々あります。

  • 静脈造影法
    静脈・動脈を見分けるために足に造影剤を注射してレントゲン検査を行う方法ですが、以前と比べるとあまり行われなくなっています。
  • 超音波エコー検査
    現在、主流となっている検査方法で、下肢にゼリーを塗って超音波を当てることでどこの静脈にどの程度の逆流があるかを調べることができます。
  • 三次元CTスキャン(3DCT)
    造影剤を使用せずに3次元で下肢の静脈瘤を撮影して状況を確認する方法です。手術が必要になるか、どのような手術法にするかを判断するのに有効です。

この他に、手術をする場合には術前検査として安全に手術が行える健康状態かどうか、採血や心電図などによる簡単な検査を行います。