不安をなくそう!下肢静脈瘤のやさしい解説まとめ

下肢静脈瘤がよくわかるサイト » 下肢静脈瘤の名医・専門医がいる東京のクリニック » 江戸川病院心臓血管外科

江戸川病院心臓血管外科

ここでは江戸川病院心臓血管外科の下肢静脈瘤の治療内容・特長や口コミ、基本情報を紹介しています。

下肢静脈瘤治療の名医がいるクリニックガイド>>

江戸川病院心臓血管外科の下肢静脈瘤の口コミ評判

陰部・下肢静脈瘤の切除手術を受けました。手術はとても不安だったのですが先生やスタッフの方がリラックスできるよう声をかけてくださったので助かりました。術後の痛みも痛み止めの薬を飲まなくても大丈夫なくらいでした。
大伏在静脈の血管内レーザー焼灼術を受けてから1年が経過しますが、傷跡は全くというほど気にならず弾性ストッキングでケアしています。先生や看護師さんの対応も良くて大変満足しています。
とぐろをまいていた膝の静脈瘤がレーザー治療後にきれいになくなりました。再発するのではと心配でしたが1年後も静脈瘤は出ていません。膝の痛みも和らぎとても感謝しています。

総合病院ながら最先端の下肢静脈瘤治療を行う

江戸川病院
【画像引用元】
江戸川病院公式サイト
http://www.edogawa.or.jp/

江戸川病院は東京都区東部の中心となる医療機関として昭和7年に設立された総合病院です。幅広い診療科目の中で下肢静脈瘤の治療を行うのは心臓血管外科です。

下肢静脈瘤センターを窓口として江戸川病院本体と外来を担当するメディカルプラザ江戸川、メディカルプラザ市川駅で静脈疾患を対象とした診療を行う体制になっています。

センター長は心臓大血管外科の専門医ですが、下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術実施基準の専門医・実施医にもなっているので安心です。

下肢静脈瘤の治療法は圧迫療法から硬化療法、ストリッピング手術、高位結紮術、血管内レーザー焼灼術、ラジオ波(高周波)焼灼術まで対応していて、症状に合わせた治療ができるのが特長です。

特に米国最先端の医療機器を揃えたレーザー治療は評判がよく、なかなか予約が取れない状況が続いています。

また全国各地で静脈瘤に関するセミナーを随時開催していて、様々な治療法があることを理解してもらう活動にも力を入れています。

基本情報

  • クリニック名:社会福祉法人 仁生社 江戸川病院
  • 診療時間:平日…8:20~11:30、0:00~4:00(整形外科のみ午後の受付時間は1:00から)
    土曜日…8:20~11:00
  • 所在地:東京都江戸川区東小岩2-24-18
  • アクセス:JR・小岩駅から徒歩15分(シャトルバス有り)
  • 休診日:日曜・祝日