不安をなくそう!下肢静脈瘤のやさしい解説まとめ

下肢静脈瘤がよくわかるサイト » 下肢静脈瘤の名医・専門医がいる東京のクリニック » 血管病総合治療センター(東京バスキュラークリニック)

血管病総合治療センター(東京バスキュラークリニック)

ここでは血管病総合治療センター(東京バスキュラークリニック)の下肢静脈瘤の治療内容・特長や基本情報を紹介しています。

あしの静脈瘤治療が評判のクリニックガイド>>

血管病総合治療センター(東京バスキュラークリニック)の口コミ評判

口コミは見つかりませんでした。

体に負担のかからない治療を目指す血管外科専門クリニック

血管病総合治療センター
【画像引用元】
東京バスキュラークリニック
http://www.tvclinic.jp/

血管病総合治療センター(東京バスキュラークリニック)は体に負担のかからない治療をすることを理念に2008年に開院した血管外科・循環器疾患の専門クリニックです。

下肢静脈瘤の治療は保存療法から硬化療法、高位結紮術、ストリッピング手術、レーザー手術まで幅広く対応していますが、現在はレーザー治療が主体で年間約500件の手術実績を誇ります。

レーザーで静脈内側を熱で焼いて閉塞させるエンドレーザー手術では、痛みがなく再発率も低いことで知られるELVeSレーザー1470を採用。局所麻酔による日帰り手術が可能で、保険適用のため費用負担が少なくて済みます

また通常は入院が必要とされるストリッピング手術においても静脈麻酔とTLA麻酔を組み合わせた特別な局所麻酔と最新の手術器具の導入により、限られた施設でしかできない日帰り治療が可能になっています。

自ら治療を担当する院長は東京医科大学出身ですが、同大学の茨城医療センター血管外科で科長の経歴を持ち、日本外科学会専門医、血管内レーザー焼灼術指導医・実施医になっているなど血管治療のエキスパートです。

さらに血液外科顧問として日本血管外科学会の名誉会長や東京医科大学の主任教授を迎え入れるなどバックグラウンドがしっかりしたクリニックなので安心して治療を受けることができます。

基本情報

  • クリニック名:血管病総合治療センター
  • 診療時間:9:00~17:30(月~金)、9:00~17:00(土)
  • 所在地:東京都新宿区西新宿6-6-3 新宿国際ビルディング新館6F
  • アクセス:東京メトロ・西新宿駅から徒歩3分/都営線・都庁前駅から徒歩5分
  • 休診日:土曜(第2.4)・日曜・祝日