不安をなくそう!下肢静脈瘤のやさしい解説まとめ

下肢静脈瘤がよくわかるサイト » 下肢静脈瘤の改善に役立つ成分とは? » 血管拡張効果を持つ「アルギニン」

血管拡張効果を持つ「アルギニン」

アルギニンは血管拡張作用を持つアミノ酸で、下肢静脈瘤の予防をサポートしてくれるはたらきがあります。ここではアルギニンの効果やアルギニンを含む食材、レシピなどをまとめています。

下肢静脈瘤に効果的なアルギニンとは

アルギニンとは、マメ科のルピナスという植物の芽から発見された非必須アミノ酸で、成長ホルモンを促進したり、筋肉組織を強くしたり、免疫力を高めたりする働きがあることで知られています。

アルギニンは体内で作れるアミノ酸ですが、作れる量が少ないため食事で不足分を補わなくてはなりません。また、年齢とともに体内で作られる量は減少していくため、定期的な摂取が必要です。

最近ではサプリメントやスポーツ飲料、化粧品などさまざまな用途に用いられており、体に嬉しい効果を複数持った、マルチな働きをする栄養素といえるでしょう。

下肢静脈瘤に効果的なアルギニンの働き

アルギニンには成長ホルモンの分泌・促進、免疫力の上昇、血流の改善など、さまざまな働きがありますが、特に血流を改善する働きには下肢静脈瘤を予防する効果が期待できます。

体内で一酸化窒素を作り出すことができるアルギニン。一酸化窒素は血圧の調整をはじめ、体循環の重要な働きを担っています。血管を拡張して血流をスムーズにする役割があるので、静脈の硬化を予防できるのです。

さらに、アルギニンには角質に水分を保湿する効果があるため、スキンケアにも役立ちます。スキンケアをする際に使用するクリームにアルギニンが配合されていれば、肌の再生を促すことができるでしょう。

アトピー性の皮膚炎や乾燥の改善ができるので、肌荒れが気になる場合に最適です。

毛細血管を元気にする
Tie2植物を詳しく見る

下肢静脈瘤に効果的なアルギニンを含む食材

  • 鶏肉、豚肉(ロース)、牛肉(ひき肉)
  • 大豆
  • エビ
  • ごま
  • ナッツ類
  • 牛乳
  • プロセスチーズ
  • ブロッコリー
  • かつお節

アルギニンを含む食材を使ったレシピ

簡単かつお節ふりかけ

フライパンにかつお節を入れて炒めます。パリッとするまで油は入れないで「から炒り」しましょう。

醤油:大さじ1杯、酒:大さじ9杯、砂糖:大さじ3.5杯、水:大さじ3杯、ごま油:小さじ2.5杯を入れ、煮立ったら弱火にして水分がなくなるまで炒めます。最後に白ごまを入れたら完成です。

レンジで豆腐ハンバーグ

木綿豆腐を電子レンジで3分加熱します。水分を取り除いてフライパンで豆腐を加熱し、水分がなくなるまで炒めます。豆腐の形をぐちゃぐちゃにしながら炒めましょう。

大豆ミートとみじん切りにしたタマネギ、味の素をフライパンに入れてさらに炒めます。タマネギに火が通ったらボールに移し、小麦粉と片栗粉を入れて混ぜます。

ハンバーグの形に整え、再度フライパンで加熱します。一度火を通してあるので弱火5分程度で十分です。両面焼いたら完成です。

みそだれ豚ゼラチン

豚バラ肉に塩を揉み込んで10分程度寝かせます。そして肉を包み混むようにゼラチンをまぶします。鍋に900mlの水と酢を入れて沸騰させ、下処理をした豚バラ肉を入れ、中火で約10分煮ます。

一度火を止めて鍋に蓋をし、15分程度蒸らしましょう。その間に茹で汁:大さじ3杯、みそ:大さじ2杯、砂糖:大さじ1杯、にんにく:1片、しょうが:1片を混ぜて味噌だれを作ります。

豚肉が冷めたら皿に移し、味噌だれをかけて出来上がりです。

下肢静脈瘤に効果的なアルギニンを上手に摂取するには

アルギニンを豊富に含む食材は多くありますが、毎日継続して摂取するとなると少し大変です。そこで、できるだけ簡単な調理方法で食べられるレシピを身につけておくことが鍵になります。下肢静脈瘤を予防するためにも、紹介しているレシピを試してアルギニンを効率よく摂取できるようにしましょう。

下肢靜脈瘤を対策するサプリメントを見る
下肢静脈瘤の予防に!弾性ストッキング
下肢靜脈瘤を対策するサプリメントを見る
     下肢静脈瘤の予防に!弾性ストッキング