不安をなくそう!下肢静脈瘤のやさしい解説まとめ

下肢静脈瘤がよくわかるサイト » 下肢静脈瘤の改善に役立つ成分とは? » 血管内皮の酸化・炎症を抑える「ポリフェノール」

血管内皮の酸化・炎症を抑える「ポリフェノール」

下肢静脈瘤の原因になる活性酸素を除去。血管を強くして炎症を抑え、むくみも改善するポリフェノール。

下肢静脈瘤に効果的なポリフェノールとは

「ポリフェノール」は植物の渋味・苦色・色素の成分になっている化合物の総称。

ブルーベリーのアントシアニンや、大豆のイソフラボン、緑茶のカテキン、コーヒーのクロロゲン酸、ゴマのリグナン、たまねぎのケルセチンなど、自然界に5,000種類以上あると言われています。

共通しているのが高い抗酸化力。血管内の活性酸素を除去することで下肢静脈瘤を予防します。

下肢静脈瘤に効果的なポリフェノールの働き

ポリフェノールは化学構造の違いによって様々な種類があり、体への健康効果も様々です。例えば、カカオポリフェノールを含むチョコレートやココアには血管を広げる効果があります。

下肢静脈瘤に繋がるような炎症があると血管が狭くなり血液の流れが悪くなりますが、カカオポリフェノールを摂取することで炎症を抑え、血流改善が期待できます。

また、LDLコレステロールの酸化を抑える働きがあるので、血管のしなやかさが増します。

ポリフェノール量の増加にともないHDLコレステロールもふえるため下肢静脈瘤だけでなく動脈硬化の予防になります。

他にも、蕎麦に豊富に含まれるルチンには毛細血管を強くする働きがあり、コーヒーに含まれるクロロゲン酸は脂肪の消費量がアップし内臓脂肪軽減、肥満の改善効果が期待できます。

視力回復が期待できるアントシアニン(赤ワインやブルーベリー)、殺菌抗菌作用があるカテキン(緑茶、抹茶、ココア)、更年期症状を緩和するイソフラボン(大豆)などポリフェノールには非常に多くの種類があるので、悩みにあわせて正しく選択することが重要です。

毛細血管を元気にする
Tie2植物を詳しく見る

下肢静脈瘤に効果的なポリフェノールを含む食材

  • ブルーベリー
  • 赤ワイン
  • チョコレート
  • 蕎麦
  • たまねぎ
  • 緑茶
  • 玄米
  • ショウガ
  • コーヒー

ポリフェノールを含む食材を使ったレシピ

牛肉の赤ワイン煮込み

たまねぎ、ニンニクをみじん切りにしてフライパンで炒めます。少し大きめにカットした牛肉を加え、弱火で表面に焼き色が付くまでじっくり炒めます。

赤ワインを加え10分程煮込み、ローズマリーと牛ブイヨンを加えてさらに10分煮込みます。

トマト缶を加え弱火で1時間30分~2時間ほど煮込んで牛肉が柔らかくなったら完成です。

たまねぎとベーコンのクリームパスタ

たまねぎを小さく乱切りにし、ニンニクをみじん切り、ベーコンは2cm程に切ります。フライパンにオリーブオイルを敷き、たまねぎ・にんにく・ベーコンを炒めます。

サッと炒めたらカットトマト缶、クリーム、塩コショウ、ケチャップ、コンソメ顆粒を加えて味付けします。味が整ったら茹でたパスタを絡ませてお皿に盛り、パセリを添えたら完成です。

ジンジャーオニオンスープ

生姜を摩り下ろして置いておきます。たまねぎは薄くスライスします。鍋にバターを入れスライスしたたまねぎがあめ色になるまで炒めます。

固形コンソメと水、摩り下ろした生姜を入れ沸騰したら塩とコショウで味を整えます。器に注ぎ、パセリを散らしたら完成です。

下肢静脈瘤に効果的なポリフェノールを上手に摂取するには

ポリフェノールは野菜や果物の色素や苦み、渋み、辛味成分でもあります。

色の濃い食材や味に刺激のある食材、飲み物を緑茶に代替するなどすれば効率よく摂ることができるので、食材選びの際は意識すると良いでしょう。

下肢靜脈瘤を対策するサプリメントを見る
下肢静脈瘤の予防に!弾性ストッキング
下肢靜脈瘤を対策するサプリメントを見る
     下肢静脈瘤の予防に!弾性ストッキング