不安をなくそう!下肢静脈瘤のやさしい解説まとめ

下肢静脈瘤がよくわかるサイト » 下肢静脈瘤の改善に役立つ成分とは? » 血流改善効果を持つ「サポニン」

血流改善効果を持つ「サポニン」

血管拡張作用を持つサポニンは、下肢静脈瘤の予防をサポートしてくれるはたらきがあります。ここではサポニンの効果や含有している食材、レシピなどをまとめています。

下肢静脈瘤に効果的なサポニンとは

サポニンとは苦みやえぐみの元になる成分で、植物の根や葉、茎などに含まれている配糖体の一種です。大豆などのマメ科の植物に多く含まれており、植物によって含まれる種類が異なります。

例えば、高麗人参に含有されるサポニンは高麗人参サポニン、大豆に含有されるサポニンは大豆サポニンです。

サポニンは水に溶けると発泡作用が生まれ、脂質を溶かすことが可能になります。そのため、天然の界面活性剤として知られており、過酸化脂質の生成の抑制をする作用から、いろいろな健康効果が見込まれています。

下肢静脈瘤に効果的なサポニンの働き

サポニンには肥満予防、血中コレステロールの低下、血流改善などの働きがあります。サポニンを摂取することで、腸で吸収したブドウ糖と脂肪の合体を抑え、脂肪の蓄積を抑制可能。

また、特に大豆に含有されているサポニンには血中の悪玉コレステロールを減少する効果があるとされており、動脈硬化などの予防に役立ちます。悪玉コレステロールが増えると血液の流れが停滞してドロドロになり、栄養が行き届かなくなるので、日常的に摂取するのがおすすめです。

加えて、血栓ができにくくする働きも担っているサポニン。血管を詰まりにくくし、血行促進を手助けしてくれます。サポニンを十分に摂取すれば、血流を改善して、動脈硬化を防ぐことができるでしょう。

毛細血管を元気にする
Tie2植物を詳しく見る

下肢静脈瘤に効果的なサポニンを含む食材

  • 高麗人参
  • 豆腐
  • ゴボウ
  • 豆乳
  • 大豆
  • 油揚げ
  • おから
  • コーヒー
  • 抹茶

サポニンを含む食材を使ったレシピ

ゴボウと豆腐の卵チャンプルー

ゴボウとにんじんを薄切りにして、卵を溶き、3㎝幅に豆腐を角切りにして混ぜておきます。フライパンにごま油小さじ2をなじませて、ゴボウ1本、にんじん50gを炒めます。

しんなりしたら一度取り出しておきましょう。あいたフライパンにごま油小さじ1を足して、木綿豆腐2分の1丁、卵1個を加えて炒めます。

あらかじめ炒めておいたゴボウとにんじんをフライパンに戻して、しょうゆ小さじ2杯、塩・砂糖少々を加えて器に盛ります。最後にかつお節と小口切りの青ネギを散らして完成です。

ゴボウ入りおかゆ

ゴボウの皮を削いで4㎝ほどの長さに切ります。白ネギは2㎝、ショウガは薄切り、ニンインクは2つにそれぞれ切り分けます。

下準備ができたら、鶏手羽先6本、水5カップ、酒大さじ2杯、洗った米大さじ2分の1カップ、クコの実少々を加えて火をかけます。

煮立ったら火を弱火にして蓋をし、約40分煮ます。最後に塩、粗挽きこしょうで味を調え、小口切りにした白ネギを添えたら完成です。

アサリとシメしめじの豆乳スープ

タマネギは薄切り、ベーコンは1㎝、シメジは小房に切り分けます。

鍋にオリーブオイル小さじ1杯をしいて、タマネギ4分の1個、ベーコン1枚、シメジ70gを炒め、小さじ1杯と固形コンソメ2分の1を加えて5分ほど煮ます。

煮立ったらアサリ150gを加え、アサリの口が開いたタイミングで豆乳200mlを入れて煮立てます。最後に塩こしょうで味付けをして、青ネギを散らせば完成です。

下肢静脈瘤に効果的なサポニンを上手に摂取するには

全身の血行を良くする働きのあるサボニンはゴボウや豆腐など、大豆製品に多く含まれています。女性の美しさを磨く働きのある、タンパク質や乳製品、ビタミンC、ビタミンEと一緒に摂取するとより効果が実感できるでしょう。沖縄で「ごちゃまぜ」を意味するチャンプルーや、おかゆにして複数の食材を組み合わせるのがおすすめです。

下肢靜脈瘤を対策するサプリメントを見る
下肢静脈瘤の予防に!弾性ストッキング
下肢靜脈瘤を対策するサプリメントを見る
     下肢静脈瘤の予防に!弾性ストッキング