不安をなくそう!下肢静脈瘤のやさしい解説まとめ

下肢静脈瘤がよくわかるサイト » 下肢静脈瘤の改善に役立つ成分とは? » 血液のもととなる「ビタミンB群」

血液のもととなる「ビタミンB群」

ビタミンBは何種類かに分類されますが、その一つに下肢静脈瘤の症状緩和に欠かせない、血液をつくり血行を良くする働きがあります。ここではビタミンB群の効果や含有している食材、レシピなどをまとめています。

下肢静脈瘤に効果的なビタミンB群とは

ビタミンB群とは、ビタミンB1・B2・ナイアシン(B3)・パントテン酸(B5)・B6・B12・葉酸・ビオチンの8種類の総称です。

ビタミンB群にはそれぞれ異なる働きがありますが、単体では力をあまり発揮できず、また食品などから摂取しても体内ですぐに働くわけではありません。

ビタミンB群は体内に入り、活性化してはじめて働くことができます。この活性化のために、例えば葉酸にはビタミンB3やB12が、ビタミンB6にはビタミンB2が必要になります。

このように体内でお互いに助け合うことで、その効果を生み出しているのです。

なお、ビタミンB群は水溶性のため体内で保存することができず、使われなかったビタミンB群は尿などから排出されます。そのため、毎日の食事で摂取する必要があります。

下肢静脈瘤に効果的なビタミンB群の働き

ビタミンB群それぞれの働きを簡潔にまとめると、以下のようになります。

  • ビタミンB1…炭水化物の代謝を促進してエネルギーをつくる。
  • ビタミンB2…糖質・脂質・タンパク質の代謝を促進してエネルギーをつくる。
  • ナイアシン(B3)…糖質・脂質の代謝を促進してエネルギーをつくる。アルコールを分解する。血行を促進する。
  • パントテン酸(B5)…様々な代謝に関わり体内でエネルギーをつくる。
  • ビタミンB6…脂質の代謝を促進する。免疫機能を維持し、ホルモンバランスを整える。
  • ビタミンB12…新しい赤血球をつくる。
  • 葉酸…新しい赤血球をつくる。細胞分裂を活発にする。
  • ビオチン…糖質・脂質・タンパク質の代謝を促進してエネルギーをつくる。

ビタミンB群の主な働きはエネルギーをつくることですが、ナイアシンやB12のように、血液をつくる、血行を促進するなど下肢静脈瘤の症状を緩和するために欠かせない働きをもつ成分も含まれています。

下肢静脈瘤に効果的なビタミンB群を含む食材

  • カツオ/B1,B6,B12
  • マグロ/B1,B3,B6
  • 豚レバー/B2,B12
  • 牛乳/B2
  • 納豆/B2,B5,葉酸
  • 鶏ササミ/B3,B5,B6
  • とうもろこし/B3
  • バナナ/B6
  • 貝類(牡蠣、あさり、しじみ、帆立)/B12
  • サバ/B12
  • チーズ/B12
  • 焼き海苔/B12,葉酸
  • いちご/葉酸
  • 卵/ビオチン
  • きのこ類(きくらげ、まいたけ、マッシュルーム、ぶなしめじ)/ビオチン

ビタミンB群を含む食材を使ったレシピ

青椒レバー(四人分)

牛レバー150gを冷水にさらした後、細切りにして塩・胡椒・醤油・酒(全て少々)、生姜汁小さじ1、卵1/2個、片栗粉大さじ1、胡麻油小さじ1の順番に加えてよく揉み込みます。

ピーマン3〜4個・赤ピーマン1個の種を取り細切りにし、生姜10gと青ネギ1本をななめ切りにします。

中華鍋かフライパンにサラダ油を敷き、牛レバーを炒めます。八分くらい火が通ったら取り出し、生姜・青ネギ・ピーマンを炒めます。

牛レバーを加えて強火でさっと炒め、胡麻油大さじ1を回し入れて完成です。

カツオと紫タマネギのアングロドルチェ(四人分)

刺身用のカツオ360gを一口大に切り、ニンニクと塩をまぶして水気を取ります。

鍋に1cm幅に切った紫タマネギ1個とニンニク1/2、赤ワインビネガー大さじ4、はちみつ大さじ1、塩少々、オリーブオイル小さじ2を入れ、中火で煮ます。

煮立ったら蓋をして火を弱め、更に2分。蓋をとって汁気がなくなるまで煮たら粉微塵にしたケッパーを混ぜて火を止めます。

器にカツオとタマネギを盛りつけて完成です。

下肢静脈瘤に効果的なビタミンB群を上手に摂取するには

ビタミンB群は穀物・肉類・魚介類・豆類・葉野菜などに多く含まれています。これらを日々の食事でバランスよく摂るようにしましょう。

どうしても食事だけでは難しい、という場合は、手軽に摂取できるサプリメントなどを活用するのも一つの手。続けやすい方法で栄養補給することが大切です。

下肢靜脈瘤を対策するサプリメントを見る
下肢静脈瘤の予防に!弾性ストッキング
下肢靜脈瘤を対策するサプリメントを見る
     下肢静脈瘤の予防に!弾性ストッキング