不安をなくそう!下肢静脈瘤のやさしい解説まとめ

下肢静脈瘤がよくわかるサイト » 下肢静脈瘤の手術治療にかんする基本知識 » ストリッピング

ストリッピング

ここではストリッピングとはどのような方法で足の静脈瘤を治療する手術なのかを解説しています。

下肢静脈瘤・ストリッピング治療の基本情報

保険適応
治療費用相場 3~6万円(3割負担)
治療時間目安 30分~1時間
日帰りの可否 症状や施設によって可
麻酔の方法 全身麻酔(または局所麻酔)

弁不全の起きている静脈を引き抜く根治的治療法

ストリッピングは下肢静脈瘤に対する根治的な治療法として100年以上前から行われているもので、静脈瘤が発生している静脈を引き抜いてしまう治療方法です。

剥ぎ取るという意味のストリッピングという名の通り、静脈が取り除かれてしまうので大丈夫なのかと思うかもしれませんが、血液は他の静脈を通って心臓に戻っていくようになるので心配はありません。

手術は足の鼠径部(付け根)と膝窩部(膝の裏側)の2カ所を2cmほど切開し、静脈弁の壊れてしまった血管の中に手術用ワイヤーを通して血管と結んで静脈ごと引き抜くという方法が一般的です。

静脈瘤の原因となっている部分が物理的に取り除かれることになるため、治療効果が大きく再発率が低いという特長があります。

医療技術の進歩により日帰り可能な場合も

以前は全身麻酔による手術がほとんどだったため、4~7日間の入院が必要とされていましたが、最近では麻酔技術の進歩によって局所麻酔で日帰り手術を行なっている医療機関が増えてきました。

術後は治療効果の維持や再発防止のため、弾性ストッキングなどの保存療法が併用されることがあります。激しい運動は避けるべきですが、手術直後から通常の生活は送れるようになります

現在下肢静脈瘤の治療方法としてはレーザー治療が主流になりつつありますが、全てがレーザー治療できるわけではなく約1割はストリッピングが適していると言われています。