不安をなくそう!下肢静脈瘤のやさしい解説まとめ

下肢静脈瘤がよくわかるサイト » 下肢静脈瘤の名医・専門医がいる大阪のクリニック » 坂田血管外科クリニック

坂田血管外科クリニック

坂田血管外科クリニックについての口コミ評判と治療方法、クリニックの基本情報についてご紹介しています。

坂田血管外科クリニックの口コミ評判

  • インターネットで存在を知り、すごい先生だと思ったので相談しました。クセだったこむら返りも無くなったので、とても感謝しております。(30代女性)
  • 手術を受ける前は、少し歩いただけで足にだるさを感じていました。少しずつ休憩をとりながら歩く必要がありました。手術後はスムーズに歩けるようになり、嬉しく思います。(40代女性)
  • 毎日夕方になると、足にひどいむくみがあり悩んでいました。手術を受けてからはこれまでの事がウソのようにキレイな足になりました。手術を受けて本当に良かったと思っています。(30代女性)

開院から19000件の実績を持つ専門クリニック

坂田血管外科クリニック
【画像引用元】
坂田血管外科クリニック公式サイト
http://sakataclinic.com/

下肢静脈瘤の治療実績では、日本トップクラスの治療実績があるクリニックです。最新機器の導入にも余念が無く、治療において特に重要とされる検査機器は常に新しいものを導入しているそうです。

院長の坂田雅宏先生は、1994年以来静脈瘤の治療に20年以上携わっているベテランの先生で、専門性も非常に高い名医と言えます。局所麻酔での治療がメインとなっており、痛みが強い場合は神経ブロックを導入する等患者さんによって柔軟に治療方法を変更しています。

最高齢は95歳の方を治療した経験もあるというのは驚きです。全ての治療方法に深い知見を持っており、それぞれの患者さんに合った最適な治療方法を提案してくれるクリニックです。

また、患者さんからの満足度はアンケートにより96.3%を誇るという満足度の高さも見逃せません。口コミでも非常に評判がよく、西日本以外のところからわざわざ通院される方も多いそうです。

静脈瘤関連の学会への参加も余念が無く、常に最新で最良の治療を提供する努力をされています。

血管内焼灼術

足の静脈瘤に、高周波カテーテルもしくは光ファバーを挿入し、熱を加えることで静脈の中から静脈瘤を直接焼き切る方法です。

レーザー手術

静脈瘤ができてしまった静脈に対し、光ファイバーを挿入しそこからレーザーを照射します。レーザーによる熱を利用し、静脈を中から閉じてしまう治療方法です。

硬化療法

静脈に対し硬化剤を注射する方法です。加えて弾性の包帯で圧迫することにより、静脈瘤ができてしまっている部分を閉塞させてしまいます。閉塞した静脈瘤は年月が経過することが吸収されるので、再手術の必要はありません。

ストリッピング術(静脈抜去術)

エコー(超音波)による検査により正確な静脈瘤の位置を把握するところから始まります。静脈瘤を起こしてしまっている部分を結紮切離し、排除します。大きな傷にはならない手術で、長い間日本で行われている方法です。

クリニックの基本情報

診療時間 月・火・水・金・土曜…14:00~18:00
所在地 大阪府大阪市中央区高麗橋1-7-3 北浜プラザ3階
アクセス 地下鉄堺筋線 北浜駅 徒歩3分
休診日 木・日曜・祝日