不安をなくそう!下肢静脈瘤のやさしい解説まとめ

下肢静脈瘤がよくわかるサイト » 手術以外の選択~下肢静脈瘤の治療法~ » 弾性ストッキング

弾性ストッキング

ここでは弾性ストッキングによる下肢静脈瘤の治療内容や選ぶ際の注意点などについて解説しています。

足全体を圧迫して下肢静脈瘤を治療

弾性ストッキングによる下肢静脈瘤の治療は圧迫療法と言って、足全体を圧迫することで静脈の血液の逆流を抑えて症状を軽減させる効果があります。

弾性ストッキングはどのような治療法を選択しても必ず使用され、下肢静脈瘤の治療では不可欠なアイテムの一つとなっています。

一定の力でただ全体を圧迫するのではなく、足首の圧迫圧が最も強く、上に行くほど圧迫圧が弱くなる段階的圧迫法が採用された設計になっているのが特長です。

着用すると筋肉が直接圧迫されるため筋ポンプ機能がよく働くようになり、血液の逆流が減少することになります。その結果、血液が心臓に戻りやすくなり、下肢静脈瘤によって停滞してしまっている血液の循環を改善することができるというわけです。

メリットとしては履くだけで一定の効果が得られる手軽さ・簡便さがあります。圧迫療法では弾性包帯が用いられることもありますが、着脱のことを考えると弾性ストッキングの方がより楽にできます。

但し、圧迫療法の目的は進行防止や現状維持になりますので、症状が緩和されても下肢静脈瘤そのものが治るわけでありません。根本的な治療を行うためには医師とよく相談することをおすすめします。

おすすめは医療用の弾性ストッキング

ナース

弾性ストッキングは普通のストッキングとは違って足を強く圧迫するように作られているため、正しく履くためにはコツが必要になります。

簡単に履けるようなものは効果はあまり期待できないと考えてよいでしょう。医療用と市販用があり、費用面では市販のものの方が安いのですが、圧迫圧が低めでサイズが自分に合っているかどうかわかりにくいという欠点があります。

医療用の弾性ストッキングの場合は、医師の指導のものでサイズや圧迫の強度を調節しながら決めることになりますので、性能や治療の効果を考えると医療用を選ぶべきでしょう。

医療用弾性ストッキングにはハイソックスタイプ、ストッキングタイプ、パンティストッキングタイプなど種類があり、圧迫圧の強さも3段階に分かれています。

下肢静脈瘤の症状や体形、性別、年齢などを考慮に入れて医師が患者に合ったものを選ぶことになります。自身で選ぶとかえって症状を悪化させてしまうこともあるため、試着をするなどして医師に履き方指導をしてもらいながら決めるのが良いでしょう。

なお、弾性ストッキングには寿命がありますので、長期間着用する場合は半年をめどに交換することが必要です。