不安をなくそう!下肢静脈瘤のやさしい解説まとめ

下肢静脈瘤がよくわかるサイト » 下肢静脈瘤の対策方法 » ブルーベリー

ブルーベリー

ブルーベリーはアントシアニンが豊富な果実で、サプリメントにも含まれている食材です。アントシアニンは目だけでなく、下肢静脈瘤の予防にも役立ちます。ここでは、そんなブルーベリーの働きについて詳しく紹介しています。

下肢静脈瘤に効果的なブルーベリーとは

ブルーベリーは低木の小さな実をつける植物です。実は生食のほか、ジャムやスイーツに用いられます。

ハイブッシュ系とラビットアイ系の2品種があり、それぞれ育つ気候や旬の時期が異なるようです。基本的にはハイブッシュ系のほうが実が大きく柔らかい傾向にあります。

ブルーベリーには、ポリフェノールの一つであるアントシアニンが豊富に含まれています。アントシアニンには抗酸化作用があり、疾患予防に役立つといわれています。

下肢静脈瘤に効果的なブルーベリーの働き

アントシアニンはポリフェノール類特有の高い抗酸化作用により、活性酸素を無害化して血管を広げる効果が期待できます。血液循環を改善することで、血液が溜まって血のめぐりが悪くなっている、下肢静脈瘤の症状を緩和するのにも役立つでしょう。

また、ポリフェノールは過酸化脂質のの生産を抑えるといわれています。過酸化脂質は細胞の機能に異常をきたし、さまざまな病気を引き起こす原因。生活習慣病もその一つで、下肢静脈瘤は遺伝によるものもありますが、生活習慣によって引き起こされるものも多いのです。

生活習慣病で肥満になれば、ついた脂肪が足の付け根にある弁を圧迫し続けます。圧迫し続けられれば弁が壊れ、血液が逆流して下肢静脈瘤になる可能性があります。

ブルーベリーを摂取することで生活習慣病の予防に役立ちます。ポリフェノールやビタミンCなど、抗酸化作用の高い食材をとり、生活習慣を見直すことが下肢静脈瘤の予防にもおすすめです。

血管内皮の炎症を抑える
ポリフェノールを詳しく見る

下肢静脈瘤に効果的なブルーベリーを使ったレシピ

ブルーベリーヨーグルトジュース

飲むヨーグルトドリング1カップに対し、ブルーベリー250gとレモン2分の1個を入れてミキサーで混ぜます。

腸内環境を整えながら、免疫力を高める効果が期待できるでしょう。もっと挑戦したい人は、ほうれん草を入れて飲むのがおすすめです。

ほうれん草は緑黄色野菜で、βカロテンを多く含みます。βカロテンには免疫力を高める効果があるので、一緒に組み合わせると良い食材です。

クコのブルーベリーマフィン

あらかじめ、クコを水で戻しておきましょう。その間に、ホットケーキミックスに、はちみつと豆乳を混ぜ合わせて、耳たぶくらいの硬さになるまで練っていきます。

練ったものへ、ブルーベリーとクコをまぜて、型に流し込んで180度のオーブンで焼き上げます。

クコは杏仁豆腐の上に添えられていることが多いですが、漢方では生薬として用いられている食材です。滋養に良いとされているので、ブルーベリーと一緒に合わせて美味しくいただくと良いでしょう。

ブルーベリージャムの紅茶

紅茶のティーバックを用意し、お湯200mlを注いで紅茶を入れます。紅茶に砂糖小さじ1とブルーベリージャム大さじ1を入れます。

追加で温めた牛乳大さじ3を入れて、かき混ぜれば完成です。チャイのようなホッとする紅茶になります。

甘すぎる場合は、砂糖を入れずに、ブルーベリージャムだけを入れるのがおすすめです。甘みの中にブルーベリージャムのちょっとした酸味があるので、ちょうど良い味になります。

下肢静脈瘤に効果的なブルーベリーを上手に摂取するには

ブルーベリーは抗酸化作用を持っているので、過酸化脂質が原因で起こる高血圧や糖尿病、脂質異常を予防するのに役立ちます。

ブルーベリーを食べるときは、βカロテンやミネラル、ビタミンB1を含む食品と一緒に食べるのがおすすめです。

ブルーベリー単体では酸っぱくて食べにくいので、上記の成分を含む食材と上手く掛け合わせて、定期的にとるようにしましょう。

下肢靜脈瘤を対策するサプリメントを見る
下肢静脈瘤の予防に!弾性ストッキング
下肢靜脈瘤を対策するサプリメントを見る
     下肢静脈瘤の予防に!弾性ストッキング