不安をなくそう!下肢静脈瘤のやさしい解説まとめ

下肢静脈瘤がよくわかるサイト » 下肢静脈瘤の対策方法 » 漢方について

漢方について

ここでは下肢静脈瘤の症状に有効とされる漢方について、下肢静脈瘤との関係性やおすすめの漢方薬などを解説しています。

漢方と下肢静脈瘤の関係とは

漢方には、冷え性やむくみといった血流に関連する症状を緩和・改善するものが存在しています。

ただし、漢方とは「人間が持っている自然治癒力を高めて体の状態を整える」ことを主眼としており、病気の原因にアプローチすることを目的とした西洋医学とは異なります。

そのため、漢方薬を飲んだからといって下肢静脈瘤が完治するわけではなく、あくまでもむくみやだるさといった症状を緩和させたり、下肢静脈瘤の予防が目的となります。

しかしながら現在では薬との併用による治療なども行われており、実際に下肢静脈瘤の女性患者約7割に効果が認められたという報告もあるそうです。

さまざまな対策のなかの一つの方法として、漢方が持つ作用を理解し有効活用することが、下肢静脈瘤の改善への近道といえるでしょう。

下肢静脈瘤におすすめな漢方

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

桂枝茯苓丸は血行を良くする漢方薬として最も多く使われており、体の熱のバランスを整えることで下肢静脈瘤の症状であるむくみなどを改善。

それ以外にも生理不順や生理痛、頭痛、めまい、肩こり、のぼせ、冷え性にも有効とされており、更年期障害や子宮内膜症、肝臓病などにも用いられています。

桂枝茯苓丸の効果を
詳しく見る

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

体内の水分循環を改善する「防已(ぼうい)」を主な生薬とする防已黄耆湯には、むくみをとる働きがあります。

また、疲労や痛みを緩和する効果があり、肥満症(水ぶとり)、多汗症、リウマチ性関節炎、胃炎、ネフローゼなどにもよく用いられます。

防已黄耆湯の効果を
詳しく見る

五苓散(ごれいさん)

防已黄耆湯と同様、水分循環を改善する漢方薬です。下肢静脈瘤の症状であるむくみの改善が期待できます。

その他、吐き気、下痢、頭痛、めまいにも効果があり、二日酔いやドライマウスの際に処方されることもあります。

五苓散の効果を
詳しく見る

柴苓湯(さいれいとう)

水分循環の改善や免疫反応の調整などに用いられる漢方薬です。

その効果は五苓散と似ており、胃腸炎に伴うむくみ、嘔吐、下痢を改善。また、喘息、肝炎といったアレルギーや免疫系が関わる病気の他、ネフローゼ症候群、不育症(習慣流産)、妊娠高血圧などの治療にも用いられています。

柴苓湯の効果を
詳しく見る

飲みにくい漢方を摂りやすくするには

漢方には様々な種類があり、それぞれ味や香りが違います。中には口当たりのよいものもありますが、そのほとんどが「飲みやすい」とはいえません。

そこで、直接服用するのではなく、味がわからないようにしたり、何かに混ぜたりして飲むという方法があります。

独特な苦味を感じないようにするには、オブラートに包むとよいでしょう。ボンタンアメに代表される紙状のものや、最近ではゼリー状のオブラートも用意されています。

あとはお湯で溶かしたり、他の食べ物に混ぜるという方法も有効です。

苦味をごまかすのであれば、そもそも苦味のあるココアや、味・香りを包み込む乳酸飲料やカルピスなどが挙げられます。なお、漢方とカフェインは相性が悪いとされていますので、コーヒーはおすすめできません。

意外なところでは、アイスクリームに混ぜて飲むという方法もあります。薬剤師さんにスポットを当てたドラマのなかでも、チョコレートアイスにお薬を混ぜてお子さんに飲ませていました。

その他、砂糖、ジャム、ヨーグルト、練乳、ハチミツなどで味を変えるといった方法もあります。どうしても漢方の味や香りが苦手という方は、ぜひ試してみてください。

あくまで漢方は症状を緩和するためのサポート

様々な効果が期待できる漢方ですが、あくまで血の巡りを良くして症状を和らげることが目的であり、漢方によって下肢静脈瘤が改善・完治するということはありません。

静脈弁が破壊され症状が進行した重度の下肢静脈瘤の場合、漢方での緩和ではなく外科的手術が必要になります。術後の漢方の処方については、医師と相談の上、症状緩和や血行促進のサポートとして使うようにしましょう。

下肢靜脈瘤を対策するサプリメントを見る
下肢静脈瘤の予防に!弾性ストッキング
下肢靜脈瘤を対策するサプリメントを見る
     下肢静脈瘤の予防に!弾性ストッキング