不安をなくそう!下肢静脈瘤のやさしい解説まとめ

下肢静脈瘤がよくわかるサイト » 下肢静脈瘤の対策方法 » シナモン

シナモン

ここでは、シナモンの特徴や下肢静脈瘤に効果的な働きを紹介していきます。レシピや効率よい摂取の仕方についてもまとめているので、参考にしてみてください。

下肢静脈瘤に効果的なシナモンとは

シナモンは、クスノキ科の常緑樹の樹皮を乾燥させたもので、独特の甘みや芳香が人気です。スパイスとして料理やスイーツに使われています。

シナモンは薬効成分のある食材として、遥か昔から愛用されてきました。なんと紀元前3000年頃には既に使用されていたという記録が残っています。

体を温める効果があるとされ、生理痛の緩和に使われることもあります。

下肢静脈瘤に効果的なシナモンの働き

下肢静脈瘤は足に血が溜まった状態なので、むくみや冷えなどの症状が現れることがあります。シナモンには体を温める効果があるので、冷えを感じる時におすすめ。加えて、血行促進効果もあるため、むくみや冷え性の緩和に役立ちます。

また、下半身を温めることで、下肢のだるさや痛みを和らげる効果が期待できます。下肢静脈瘤になると下肢のだるさが起こるケースもあるため、下肢のだるさが辛いときはシナモンをとって体の内側から温めると良いでしょう。

また、シナモンには毛細血管の劣化を予防するために重要な受容体「Tie2」の働きを活性化させる効果もあるといわれています。下肢静脈瘤では劣化した血管が詰まってしまうこともあるため、シナモンを摂ることで血行を改善して症状を和らげる効果が期待できるでしょう。

毛細血管を元気にする
Tie2植物を詳しく見る

シナモンとくるみのデザート

シナモンスティック1本とはちみつを少量まぜ、くだいたクルミの上にかけます。

トーストのうえに乗せたり、ケーキの上にトッピングしたりしても美味しくいただけます。

チャイ

シナモン(1本)・カルダモン(4個)・クローブ(4個)の3種類のスパイスを用意し、400mlの水を合わせて鍋に入れ火にかけます。沸くまで強火にし、湯が沸いたら中火にしてください。

湯が茶色になるまで煮出し、スパイスの香りが強くなってきたら火を止めて茶葉をティースプーン4~5杯分(約15g)ほど加えます。

茶葉を加えたら2分くらいおき、牛乳400mlと好みの量の砂糖を加えて中火で沸騰直前まで温めればOK。吹きこぼれには注意しましょう。

できたチャイを茶こしで漉して、カップに注げば完成です。

シナモンの焼きリンゴ

りんごを半分に切り、芯の部分をくり抜きます。少し深めの耐熱皿に入れ、砂糖小さじ1.5、バター小さじ1をくり抜いた部分に詰めます。

ラップをかけて、電子レンジ600Wで4分加熱したらお皿に盛りつけましょう。上からシナモンを少量振りかければ、シナモンの焼きリンゴの完成です。

電子レンジで加熱した際に、皿の底に汁が溜まるので、汁をりんごにかければ美味しさがアップします。

シナモンのフレンチトースト

バケットを6枚にスライスします。水500gときび砂糖80g、レモンの皮とバニラエッセンスを少々、シナモンスティック1本とバター小さじ1を全て鍋に入れます。

火にかけて25分ほど、火加減を調整しながら煮詰めていきます。次に、きび砂糖大さじ1とシナモンパウダー小さじ2分の1を混ぜ合わせたら、オーブンの天板にクッキングシートを敷いて半量を振りかけます。

煮詰めたシロップにバケットを浸し、溶いた卵と絡めます。シナモンパウダーときび砂糖を混ぜ合わせたパウダーが半量残っているので、バケットの上に振りかけ、190度のオーブンで10分焼きましょう。

下肢静脈瘤に効果的なシナモンを上手に摂取するには

シナモンはお茶やスイーツ、料理にかけて食べるのが良いでしょう。スーパーのスパイスコーナーなどで売られているので、購入して使ってみるのもおすすめ。

実は、シナモンは食べ物以外でも効果があるといわれており、オンライン販売などではシナモンの精油が売られています。シナモンの精油には、血行促進や抗菌作用があるといわれているので、シナモンの味が苦手な人は精油で試してみると良いでしょう。

ただしシナモンは血行促進作用があるので、妊娠中にとらないようにしてください。また、食べすぎはシナモンに含まれるシナモンアルデヒドによって、皮膚アレルギーや口内炎を引き起こす可能性があります。

下肢靜脈瘤を対策するサプリメントを見る
下肢静脈瘤の予防に!弾性ストッキング
下肢靜脈瘤を対策するサプリメントを見る
     下肢静脈瘤の予防に!弾性ストッキング