不安をなくそう!下肢静脈瘤のやさしい解説まとめ

下肢静脈瘤がよくわかるサイト » 足の静脈瘤で知っておきたい日常のこと » 食べ物について

食べ物について

ここでは足の血管が目立つ静脈瘤にいい食べ物と悪い食べ物について紹介。その理由についても解説しています。

足の静脈瘤にいい食べ物

食事

下肢静脈瘤にいい食べ物としては以下のようなものが挙げられます。

  • 全粒小麦粉、そば粉、雑穀類、豆類、野菜、にんにく、たまねぎ、しょうが、赤トウガラシ、赤ワイン、緑茶、みかん、イチゴ、チェリー、パイナップル、魚

これらは摂取するだけで足の静脈瘤が完治するような食べ物ではありませんが、悪化を防いだり症状の軽減に役立ちます

静脈瘤を悪化させてしまう原因の一つとして便秘があります。便秘になると静脈圧が上昇して、排便時に足の付け根の静脈弁に腹圧をかけてしまうのです。

したがって便秘がちな人はフルーツや野菜など食物繊維をたくさん含んだ食事とって便秘解消することが静脈瘤改善につながります。

また静脈瘤周囲の皮膚が硬くなるのを防ぐためには、ブロメラインという皮膚を柔らかくする酵素が含まれる赤唐辛子粉、にんにく、たまねぎなどが効果的です。

さらに下肢静脈瘤によるむくみやだるさ改善にはポリフェノールが良いと言われています。ポリフェノールを含む代表的な食べ物はワイン、緑茶、みかんなどです。

足の静脈瘤に悪い食べ物

下肢静脈瘤に良くないとされる食べ物には以下のようなものがあります。

  • 動物性タンパク質、チーズ、バター、アイスクリーム、揚物、加工品や精製された食べ物、砂糖、塩、アルコール類、コーヒー飲料

下肢静脈瘤になりやすい原因の一つに肥満があります。特に男性よりも女性の方が肥満との関連性が高く、BMIが30kg/平方メートル以上の人に多いと言われています。

肥満と静脈瘤の関係はまだ完全には明らかになっていませんが、肥満解消は足への負担を軽くしたり様々な疾患予防にもなりますので、脂肪が多く含まれる食品を控えることをおすすめします。

特に脂肪分や塩分を多く含むインスタント食品やファストフード、糖分が多いスナック菓子などは血流を悪くしたりむくみの原因にもなりますので静脈瘤に悪影響を与える可能性が高くなります。

また、アルコール類やコーヒーは絶対飲んではだめというわけではないですが、血管の負荷を増大させてしまうため、できるだけ量を制限することが望まれます。