不安をなくそう!下肢静脈瘤のやさしい解説まとめ

下肢静脈瘤がよくわかるサイト » 下肢静脈瘤の対策方法 » にんにく

にんにく

抹消の血管拡張効果がある硫化アリル(アリシン)豊富な「にんにく」でめぐりを良くしてむくみ改善。

下肢静脈瘤に効果的なにんにくとは

にんにくには、硫化アリル(アリシン)が豊富に含まれています。

この成分はファイトケミカル(機能性成分)の一つで抗酸化作用や毛細血管を拡げるなど様々な効果が期待されます。

またにんにくには糖質や脂肪の代謝を促進させるビタミンB群が含まれます。

血流と人間が本来持つ代謝を高めることでむくみや下肢静脈瘤を予防します。

下肢静脈瘤に効果的なにんにくの働き

硫黄化合物であるアリシンは、ビタミンB1と結合することで「アリチアミン」という成分になります。

アリチアミンはエネルギー代謝を促進させ、さらに血管を拡げることで血流を良くします。

また抗酸化力も高いので、活性酸素を除去し細胞が傷ついたり、炎症を起こすのを防ぎます。

毛細血管を元気にする
ヒハツを詳しく見る

下肢静脈瘤に効果的なにんにくを使ったレシピ

にんにく春巻き

強力粉大さじ1と1/2、水大さじ2を併せて糊を作ります。青じそは縦長に切ってにんにくは2mm幅に薄切りにします。

春巻きの皮に糊を塗、青じそとニンニクを巻きます。160℃の油に入れ絶えず上下を返しながらきつね色になるまで揚げれば完成です。

にんにくすき焼き

牛ももの薄切り肉を7~8cmの長さに切り、豆腐は4等分にします。トマトのヘタをとり、にんにくの皮を剥き、キャベツを4~5cmに切ります。

フライパンに醤油、酒、砂糖をそれぞれ大さじ2入れ、具材を並べて火にかけます。強火で野菜や豆腐に火が通るまで煮れば完成です。

きゅうりにんにく炒め

きくらげを水で戻し、食べやすい大きさに切ります。豚肉は一口大にキリ、オイスターソース小さじ2、ラー油小さじ2をまぶします。

キュウリは縦長半分に切り、スプーンで種を取り除いて塩をまぶします。フライパンにごま油を中火で熱して豚肉を炒めます。

豚肉に火が通ったらきくらげ、キュウリ、にんにくを加えてコショウで味を整えたら完成です。

下肢静脈瘤に効果的なにんにくを上手に摂取するには

にんにくはむくみや下肢静脈瘤だけでなく疲労回復にも効果的です。

日々の食生活にうまく取り入れてはつらつとした毎日を送りましょう。

下肢靜脈瘤を対策するサプリメントを見る
下肢静脈瘤の予防に!弾性ストッキング
下肢靜脈瘤を対策するサプリメントを見る
     下肢静脈瘤の予防に!弾性ストッキング