不安をなくそう!下肢静脈瘤のやさしい解説まとめ

下肢静脈瘤がよくわかるサイト » 下肢静脈瘤の対策方法 » ヒハツ

ヒハツ

ヒハツはどんな成分が含まれており、どんな働きがあるのでしょうか。受容体Tie2を活性化、毛細血管のエイジングケアにかかせない”Tie2植物”の代表格が「ヒハツ」です。

下肢静脈瘤に効果的なヒハツとは

ヒハツは、毛細血管の壁細胞(外側の細胞)から分泌される「アンジオポエチン-1」にかわるTie2活性化物質としての役割が、近年の研究によって確認されています。

血管の老化は、肉体の衰えに繋がるため、その予防・改善作用をもつヒハツエキスには、様々なエイジングケアが期待されています。

下肢静脈瘤に効果的なヒハツの働き

毛細血管の老化予防

毛細血管は外側の「壁細胞」、内側の「内皮細胞」の二重構造になっています。

壁細胞からは「アンジオポエチン-1」という成分が分泌され、内皮細胞に存在する受容体Tie2が活性化することで、内皮細胞の1つ1つと壁細胞が隙間なく密着し安定を保っています。

しかし、紫外線や生活習慣の乱れ、ストレス、加齢により壁細胞がダメージを受けると「アンジオポエチン-1」の分泌が少なくなります。

そうなると受容体のTie2も活性化しないため、密着すべき壁細胞と内皮細胞に隙間が生じ、そこから血液や栄養素が漏れだしてしまいます。

これが毛細血管の老化の始まりなのですが、私たちはそれを完全に防ぐことはできません。しかし、ダメージを修復することはできます。

近年、研究により受容体Tie2を活性化する食材が分かってきました。

それが中国やインドでは昔から香辛料や民間薬として使われてきたコショウ科の植物「ヒハツ」です。

根本のメカニズムは、血管やリンパ管の老化を予防することによる血流改善と老廃物の回収と考えられています。

毛細血管のゴースト化を防ぐ

本来、毛細血管は血液中の脂質や糖質が多くなると詰まってしまいます。その結果、毛細血管の血流が悪くなったり、血管が消失してしまったりといったケースも。これがメディアで取り上げられている「ゴースト血管」という状態です。

毛細血管の状態が悪くなれば、足まで栄養や酸素がいきわたらなくなるので、下肢静脈瘤を引き起こす原因にもなりかねません。

毛細血管は不規則な生活を送っていると傷つくことがあり、知らないうちに毛細血管の血流が悪くなっている可能性があります。

ヒハツは毛細血管の壁細胞の修復に関わる「Tie2」を活性化させるといわれており、下肢静脈瘤の症状緩和が期待できます。

Tie2植物を効率的に
摂取できるサプリメント比較を見る

下肢静脈瘤に効果的なヒハツを使ったレシピ

豚バラのオイスター煮込みヒハツ風味

豚バラ肉にヒハツパウダー小さじ1で下味をつけます。

ネギの青い部分と一緒に30分下茹でします(余分な脂は茹でこぼしてください)。

粗熱を取ったら7mm幅に切ります。フライパンを熱し、つぶしたにんにくを加えて、ネギと豚肉を炒めます。

紹興酒大さじ1、オイスターソース大さじ1/2を加えてひと煮立ちさせます。

その後、中華スープを加えて塩で味を整えます。水溶き片栗粉でとろみをつけて豚バラとともに皿に盛り付ければ完成です。

ヒハツ風味のゴーヤチャンプルー

ゴーヤを縦半分に切って、種を除いて5mmの厚さに切ります。ランチョンミートは1cm幅に切ります。

卵は溶いておきます。フライパンにサラダ油を入れて火にかけ、ゴーヤを緑色が鮮やかになるまで炒めます。

粉末ダシとヒハツパウダーを加えて混ぜます。卵を加え、混ぜ合わせるように炒め、醤油で味付けをします。

器に盛り、さらにヒハツパウダーを振って完成です。

ヒハツドレッシングサラダ

オリーブオイル大さじ2、お酢大さじ1、ハチミツ小さじ1、醤油小さじ1、塩少々、ヒハツパウダー少々を混ぜ合わせます。

葉野菜、ワカメ、茹で鶏など、お好みの食材を器に盛り付け、先に混ぜ合わせた調味料をかければヒハツドレッシングサラダの完成です。

下肢静脈瘤に効果的なヒハツを上手に摂取するには

ヒハツはコショウ科の植物ですので、普段使用しているコショウと代替えをして食生活に取り入れることでうまく摂取できます。ヒハツパウダーは香辛料が充実した小売店で販売しているので、ぜひ探してみてください。

下肢靜脈瘤を対策するサプリメントを見る
下肢静脈瘤の予防に!弾性ストッキング
下肢靜脈瘤を対策するサプリメントを見る
     下肢静脈瘤の予防に!弾性ストッキング