不安をなくそう!下肢静脈瘤のやさしい解説まとめ

下肢静脈瘤がよくわかるサイト » 足の静脈瘤で知っておきたい日常のこと » マッサージについて

マッサージについて

ここでは下肢静脈瘤をケアする上で有効なマッサージの方法について解説しています。

定期的なマッサージは症状の改善につながる

マッサージ

日常生活の中で下肢静脈瘤をケアする方法の一つにマッサージがあります。静脈瘤が治るわけではありませんが、悪化を防いだり症状を軽くする効果が期待できます。

下肢静脈瘤は静脈弁が正常に機能しないことで、血液が逆流して滞留するために血管がぼこぼこと浮き出たり瘤ができたりします。足のマッサージをすると、こうして悪くなった血流を改善することができるのです。

マッサージはソファやベッドの上に座り、踵から太ももまでリンパ液の流れに沿って下から上に心臓の方向を意識しながら、手のひらでさするように行います。

ふくらはぎは足首から膝に向かってやさしく包み込むようにマッサージをします。太ももは太さがあるので、裏側、内側、外側と分けて行うようにしてください。

時間は1日5分程度で構いません。定期的に行うことが重要で、特に使用してはいけないマッサージオイルやクリームなどはありませんので使いやすいものを選ぶのがよいでしょう。

注意しなければならないのは血管が浮き出て静脈瘤がある上を直接マッサージしないようにすることです。

静脈瘤に直接強い圧力をかけてしまうと静脈の内皮を痛めて血栓を誘発したり、静脈瘤が破裂して出血する可能性があるからです。

静脈瘤のある部位を避けるようにすれば、基本的には足のむくみを解消するマッサージと方法は同じなのでそれほど難しく考える必要はありません。

一般的なマッサージ以外ではリフレクソロジーも静脈瘤によいと言われています。これは反射療法とも呼ばれ、身体の特定の部位を押すことで特定の箇所の血行を促進し新陳代謝を活発にするものです。

特に足のむくみ解消に効果があるとされていますが、間違った部位を押してしまうと静脈瘤に負担をかけて悪化させてしまう可能性もあるので、自分では行わず資格を持った専門家に任せることをおすすめします。