不安をなくそう!下肢静脈瘤のやさしい解説まとめ

下肢静脈瘤がよくわかるサイト » 下肢静脈瘤の対策方法 » たまねぎ

たまねぎ

血液をサラサラにする成分で、下肢静脈瘤予防に効果的。硫化アリル(アリシン)、ケルセチン豊富なたまねぎ。

下肢静脈瘤に効果的なたまねぎとは

たまねぎには血液粘度を低下させ血液をサラサラにする効果がある硫化アリル(アリシン)を豊富にふくみます。これはたまねぎの辛味成分です。

また、色素や独特な渋み成分であるポリフェノールの一種ケルセチンが含まれ、高い抗酸化力により血管が健康に保たれることで下肢静脈瘤の予防に繋がります。

下肢静脈瘤に効果的なたまねぎの働き

硫化アリル(アリシン)は、血液の凝固を抑制する働きがあります。それにより血液粘度が下がり血流がスムーズになります。

下肢静脈瘤だけでなく高血圧、脳梗塞、動脈硬化などの予防にも効果的です。

また血糖値の上昇を抑える作用もあるので、中性脂肪やコレステロールが気になる方にもおすすめです。

ケルセチンは、抗酸化力があるので血管内の活性酸素を除去します。

下肢静脈瘤の原因となる血管の炎症を抑え傷つくことを防ぎます。

毛細血管を元気にする
ヒハツを詳しく見る

下肢静脈瘤に効果的なたまねぎを使ったレシピ

オニオンスープ

たまねぎ2~3個を半分に切ります。ベーコンは5~6枚を2cm幅に切ります。バター30gを鍋に入れて加熱して切ったたまねぎとベーコンを炒めます。

バターが全体に回ったらニンニクとブイヨンを加えます。全体を混ぜ、水を具全体が十分つかるくらい入れます。

たまねぎが柔らかくなるまで煮込んで、塩、コショウ、お好みのスパイスで味を整えれば完成です。

オニオンリングカレー風味

たまねぎを1cm幅に切ってばらばらにします。ペーパーをかぶせて軽く水気を吸います。

全体に塩コショウを振ります。たまねぎに小麦粉をまぶしてしばらく置きます。

フライパンに油を注ぎ180度に熱します。小麦粉をまぶしたたまねぎを油に入れ、きつね色になるまで揚げます。

揚がったら熱いうちにカレー粉と黒コショウをまぶして、お皿に盛り付ければ完成です。

豚しゃぶとたまねぎの和風マリネ

豚肉は食べやすい大きさに切ります。

たまねぎは繊維に沿って1cm幅にスライスして2~3分水にさらし、ザルに上げて水気をきります。パプリカはヘタを取り5mm幅に千切りにします。

袋に豚肉と塩こうじを入れて揉み込み、冷蔵庫で30分~1時間寝かせます。鍋にお湯を沸かし、豚肉を茹でて氷水で冷やします。

ボウルにポン酢大さじ4、砂糖・ごま油大さじ1を混ぜ合わせ、たまねぎ・パプリカ・豚肉を加えて和えます。

冷蔵庫で30分ほど味をなじませれば出来上がりです。

下肢静脈瘤に効果的なたまねぎを上手に摂取するには

たまねぎは煮物・炒め物・サラダなど普段の料理に使いやすく、むくみや下肢静脈瘤の予防に効果的です。

ニンニクやネギにも硫化アリルが含まれているので、うまく食事に取り入れていきましょう。

下肢靜脈瘤を対策するサプリメントを見る
下肢静脈瘤の予防に!弾性ストッキング
下肢靜脈瘤を対策するサプリメントを見る
     下肢静脈瘤の予防に!弾性ストッキング