不安をなくそう!下肢静脈瘤のやさしい解説まとめ

下肢静脈瘤がよくわかるサイト » 下肢静脈瘤の対策方法 » 月桃葉

月桃葉

月桃葉は聞きなれない人も多いかもしれませんが、多くの食品やお茶、化粧品などに使われている植物です。ここでは、月桃葉が毛細血管の改善に役立つ理由と、下肢静脈瘤に効果が期待できる理由を紹介していきます。

下肢静脈瘤に効果的な月桃葉とは

月桃は、ショウガ科ハナミョウガ属に分類される多年生植物です。月桃からとれるエキスには防虫効果や防カビ効果があり、防虫剤や抗菌剤などの成分として利用されています。

ポリフェノールが豊富に含まれているのも月桃の特徴。赤ワインの34倍のポリフェノールを含有しており、その抗酸化作用を期待して化粧品に配合されることもあります。

また、沖縄では古くから月桃を薬草として使ってきた歴史があり、現在でも厄除けの風習で食べられるムーチー(鬼餅)を包むために使われているそうです。

毛細血管改善に効果的な月桃葉の働き

ポリフェノールが豊富に含まれているため、抗酸化作用が強いとされています。下肢静脈瘤を引き起こす原因となる活性酸素に効果的だとされ、血管が傷つくのを防ぐ効果が期待できるでしょう。

また、月桃葉は毛細血管の壁細胞を安定化させる「Tie2」の働きを活発化してくれます。

加齢によって下肢静脈瘤が起こる人は多くいますが、原因は血管の老化や、ふくらはぎの筋力が低下したことによるものが大きいもの。そのため血管構造を安定させることは、血管の老化防止につながるといえるでしょう。

だからこそ月桃葉をとることで、下肢静脈瘤の予防に役立つ効果が期待できます。

血管を健康に保つ
Tie2植物を詳しく見る

下肢静脈瘤に効果的な月桃を使ったレシピ

月桃のシフォンケーキ

卵4個分の卵白にレモン汁を入れてメレンゲをつくります。次に、余った卵黄と黒糖35gを入れて混ぜ合わせます。

そこへ、月桃葉65㎎とサラダ油30mlを加えて混ぜます。月桃葉の茶葉大さじ1をミルで粉砕し、ふるった薄力粉65gと合わせたもののも追加で加え、しっかりとかき混ぜましょう。

前もってつくったメレンゲをひとすくい入れ軽く混ぜたら、メレンゲを半量入れてサックリと混ぜてください。残りのメレンゲも入れて、クルミを入れ型へ流し込みます。

空気を抜いたら、オーブンで焼き上げて完成です。

月桃ティー

月桃茶を入れて、レモンバームを加えて少し煮込みます。5分ほど蒸らしたら、茶こしでカップに注ぎ、フェンネルシードを飾りましょう。

フェンネルシードには、冷えを解消する効果があるといわれているので、月桃との相乗効果が期待できます。

下肢静脈瘤・毛細血管改善に効果的な月桃葉を上手に摂取するには

月桃茶は化粧品などにも多く使われていますが、どちらかというと抗菌やコラーゲンの生成を促進する目的で入っているケースが多いといえます。

そのため、下肢静脈瘤や毛細血管の改善のために月桃葉をとり入れるなら、月桃茶で飲むのが一番簡単です。月桃茶は沖縄でよく飲まれているので、ネット通販などで簡単に入手することが可能。

ノンカフェインなので、妊娠中でも飲むことができます。冷え性改善にも効果が期待できるため、妊娠中だけでなく、生理中などに飲むのもおすすめです。

下肢靜脈瘤を対策するサプリメントを見る
下肢静脈瘤の予防に!弾性ストッキング
下肢靜脈瘤を対策するサプリメントを見る
     下肢静脈瘤の予防に!弾性ストッキング