不安をなくそう!下肢静脈瘤のやさしい解説まとめ

下肢静脈瘤がよくわかるサイト » 足の血管が浮き出る病気!下肢静脈瘤とは » むくむ
 

むくむ

「足がむくむ」という症状は、単なる足の酷使や疲労だけでなく、病気が原因ということがあります。ここでは下肢静脈瘤などの病気が原因となって起こる足のむくみについて解説しています。

足のむくみは下肢静脈瘤のサインかも

下肢静脈瘤の症状の一つに足のむくみがあります。痛みはないものの靴下の跡がついたり、指で押すとへこんだまま戻らなかったりします。また、立った状態のときに血管が浮き出ているのが目立つ症状なども挙げられます。

下肢静脈瘤は日本人の約4割が発症するといわれている病気です。足のむくみは日常的によくみられる症状であり、下肢静脈瘤のサインである可能性が高いといってよいでしょう。

下肢静脈瘤は静脈の逆流防止弁が機能不全になってしまうため、足の筋力があっても血液が逆流してしまいます。

その結果、心臓に送られるはずの血液が足に溜まり、慢性的なむくみを起こしてしまうのです。

下肢静脈瘤は一般的に立ち仕事の人に多いと言われています。出勤時に履いてきたブーツが退勤時にきつくなっているというのがむくみの一例です。

しかしながら、足のむくみ自体はデスクワークをしていても起きます。同じ姿勢を続けることで血流が悪化するためむくんでしまうのです。

足のむくみがひと晩寝て治まるようであれば一過性のものと考えられるため、心配することはありません。

下肢静脈瘤を対策する
サプリメントを詳しく見る

下肢静脈瘤は皮膚炎に繋がる恐れがある

下肢静脈瘤は良性疾患に分類されています。しかし、それほどの症状ではないと軽く考えて足のむくみを放置しておくと、進行して治りにくくなってしまう恐れがあるため注意が必要です。

重症化するとうっ滞性皮膚炎や皮膚潰瘍などを発症してしまい、治癒までに時間がかかってしまいます。これらの症状になると、慢性的なむくみのほか、皮膚が黒く色素沈着を起こしたりえぐれたようになったりします。

見た目に影響を与えるため、単なるむくみとして放置しておくのは危険です。

足のむくみの大半は加齢や塩分の多い食生活が原因であると言われていますが、足がむくみやすい人を超音波エコーで検査すると足の静脈で血液の逆流が起きているというケースも少なくありません。

むくみが気になる場合は血管外科を一度受診してみるとよいでしょう。

また、弾性ストッキングの装着や、長時間の同じ姿勢を避けること、マッサージなどで下肢静脈瘤の発生や進行を遅らせることができます。

足のむくみは内臓疾患の可能性も考えられる

足がむくむ原因として考えられる病気は下肢静脈瘤以外にもあります。脚気や貧血などもそれに該当しますが、その中でも多いのが肝臓や腎臓の機能障害です。

例えば、慢性肝炎は肝臓にリンパ球が集まり炎症を起こすことで肝細胞が破壊され続ける病気です。肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれるくらいですから、この段階では目立った症状はみられません。

進行して肝硬変が発症すると、足のむくみや全身の倦怠感、お腹が張る、黄疸が出るなどの症状が発生するようになります。

慢性肝炎や肝硬変の病気になると、肝臓で作られるアルブミンというタンパク質の血中値が低下します。アルブミンには栄養素の運搬や血液の濃さを調節する機能があります。

そのため、血中値が低下すると余剰水分を血液に戻すことができなくなりむくみが発生するのです。

また、腎臓の状態が良くない場合はアルブミンの濾過機能が低下するだけでなく、尿として身体の中の水分を排出することができなくなってむくみを起こすことがあります。

心臓の病気もむくみの原因となることがあります。心不全を起こし心臓が血流を促すポンプの役割を果たせなくなると、心臓から遠い足の血行が悪くなって足のむくみなどの症状が出ます。

このように、足のむくみは内臓の障害と結びついていることも多く、検査によって重大な病気が発見されることがあります。慢性的にむくみが続く場合は病院で診てもらうことが重要です。

足のむくみは病気だけが原因ではない

足のむくみが下肢静脈瘤や内臓疾患の予兆である可能性についてお伝えしましたが、そうした病気だけが原因のすべてではありません。足のむくみの原因は日常生活のあちこちに隠れています。

食事

お酒のおつまみや手軽なファーストフードなどで、ついついオーバーしてしまいがちな塩分。そんな食事を摂ることが日常的になっていませんか?

塩分を摂りすぎるとのどが渇くので、同時に多くの水分も摂ることになります。そのため身体は水分過多となり細胞間の水分が増え、結果としてむくんでしまうのです。また身体の塩分が多くなると腎臓は尿から水分を再吸収。これは水分を体外に出しにくくするためですが、やはりむくみの原因となります。

お酒

アルコール飲料は水分ですので、飲みすぎれば当然水分過多になります。加えてアルコールには血管を拡張させる作用があるため血管の壁を水分が通りやすくなり、水分が細胞間に漏れ出してしまいます。

アルコールには利尿作用があると言われていますが、これはお酒を飲み始めて血中アルコール濃度が増加しているときだけ。お酒を飲み続けて血中アルコール濃度が高くなると尿量は減少し、血管の外に漏れ出た水分がそのままになって朝を迎えるとむくんでしまうのです。

立ちっぱなし、座りっぱなし、運動不足

立ちっぱなし、座りっぱなしというのは、一般的なむくみの原因としては最も多いといえるでしょう。地上で生活している以上、重力の影響でどうしても低いところに水分がたまりやすくなります。長時間の立ちっぱなしや座りっぱなし、もちろん寝ている間も含め、「動かないこと」はむくみの原因に。立ったり座ったりしているときは足に、寝ている間は顔に水分が増えてむくみを起こします。

食事、お酒以外の生活習慣でいえば、運動不足による足の筋力低下もむくみの原因になります。運動で筋肉が収縮すると周囲の組織が圧迫されるため、細胞間の余分な水分が血管内へ押し返されます。同時に静脈も圧迫されるため、血液も心臓の方向に返されます。つまり筋肉はポンプのようなもの。重力の影響などで停滞している水分を血液の流れに乗せ、循環させているのです。立ちっぱなし、座りっぱなしもそうですが、足の筋肉がポンプの働きをしないとむくみが起こります。女性の場合は男性よりも足の筋肉量が少ないので、水分が停滞しがちな足がむくみやすくなるのです。

むくみの改善方法

一過性のむくみの場合

一過性のむくみを改善するには外からのアプローチ、特にマッサージが効果的。心臓に遠い部分から近い部分、つまり足の先からふくらはぎ、ひざのほうに向かって、血液を心臓の方向に返してあげるようなつもりでマッサージしましょう。あまり力を入れすぎないように、痛くない程度に行なってみてください。

またむくみやすい足にはストレッチも効果的です。仕事中でも椅子に座ったままできるストレッチがあるのでぜひ試してみてください。椅子に座ったままでのかかと上げや、足をまっすぐ伸ばして血流を良くするなど、むくんでいる部分の筋肉を動かすようなイメージで行なうのがコツです。

体を動かす以外の方法では弾性ストッキングもおすすめ。足を外側から圧迫するので、水分が血管の外に漏れ出しにくくなります。逆に心臓に近い部分を圧迫すると血液が返りにくくなってむくみを悪化させるので、締め付けの強い服装はNGです。

長期的なむくみの場合

末梢の血の巡りが良くないことで起こる冷え、体質によって起こるむくみは一朝一夕に改善させるのは難しいでしょう。むくみの原因や体質に合った漢方を使うことで改善を期待できます。

東洋医学は本人の体質と症状に合わせて漢方薬を調合するのが本来のあり方。薬局で購入できる漢方薬を素人考えで服用しても効果がみられなかったり、副作用を起こしたりする可能性があります。これはサプリメントの類も同様です。漢方やサプリメントを試したい場合は、できるだけ医師の診察を受けることをおすすめします。

生活習慣を変えてむくみを予防しよう

食生活

むくみの原因として栄養バランスの偏りに心当たりがあれば、食事習慣の見直しが必要です。特に外食が多い人は自炊する日を増やす、塩分の摂りすぎやお酒の飲みすぎを避けるなど、できるところから始めていきましょう。栄養バランスが改善すると、体全体の循環機能が向上するはずですので、むくみだけではなく便秘や貧血といった症状の解消も期待できます。

またむくみが起こると水分が血管の外に漏れ出てしまうので、脱水のような症状をきたすことも。のどの渇きを感じる前に小まめな水分補給を心がけてください。

身体を動かす

特に座りっぱなし・立ちっぱなしの人はストレッチのほか、日常的に身体を動かす頻度を高める工夫をしてみましょう。たとえば通勤で1駅分だけ歩いてみる、エレベーターではなく階段を使うなど、小さなことでも積み重ねていけばかなりむくみを予防できるはず。身体を動かすことはストレス解消にもつながるので、まさに一石二鳥です。

参考にしたサイト

-->
下肢靜脈瘤を対策するサプリメントを見る