不安をなくそう!下肢静脈瘤のやさしい解説まとめ

下肢静脈瘤がよくわかるサイト » 東京にある下肢静脈瘤クリニック » 愛誠病院
 

愛誠病院

このページでは、東京都板橋区にある「愛誠病院」について紹介します。クリニックの特徴や口コミ評判、下肢静脈瘤の治療についてまとめています。

愛誠病院の口コミ評判

愛誠病院の特徴

愛誠病院は東京都板橋区にあるクリニックです。内科や外科、整形外科、精神科、循環器内科、血管外科などそのほかにも複数の科の診療に対応しており、人間ドックなども実施しています。

血管外科では下肢静脈瘤の診療をメインに行っており、2002年に愛誠病院内に血管外科・静脈瘤センターを設立。日本で初めて下肢静脈瘤に関するホームページを作るなど、下肢静脈瘤の啓発にも力を入れています。(※参照)

下肢静脈瘤の治療では、弾性ストッキングの着用や漢方薬の処方、血管内焼灼術(レーザー・ラジオ波)、抜去切除術(ストリッピング術)、血管内閉塞術(グルー治療)、瘤切除術(スタブ・アバルジョン法)、フォーム硬化療法などさまざまな治療方法を用意。それぞれのメリットやデメリットを踏まえたうえで、症状に合った治療を提案しています。

なお、血管外科の診療は月・火・木曜日の12:00~16:30、水・土曜日の8:30~11:30の間に受け付けています。医師は複数在籍しており、公式HPにて担当医師を確認可能。女性医師の診療日もあるため、女性医師の診察を希望する方は該当診察日の予約を行っておくとスムーズに受診できます。予約がなくても受診可能ですが、予約優先制のためあらかじめ予約をしておくのがおすすめです。

※参照URL:愛誠病院公式HP 「愛誠病院 血管外科 静脈瘤センター」(https://www.aisei-byouin.or.jp/jyoumyaku.html#varix11)

愛誠病院の基本情報

  • 診療時間:9:00~12:00、13:30~17:00(血管外科は月火木12:00~16:30、水土8:30~11:30受付)
  • 所在地:東京都板橋区加賀1丁目3番1号
  • アクセス:三田線 新板橋駅下車 徒歩10分、埼京線 十条駅下車 徒歩10分
  • 休診日:土曜日の午後・日曜日・祝日・年末年始
  • 電話番号:03-3961-5351

下肢静脈瘤の治療内容

下肢静脈瘤の治療方法は病状によって異なります。

軽症例や手術後の再発防止には、手術や薬を用いない「保存的治療」が中心となります。

血管が太く浮きだすなどの症状が強い場合は薬の注射や手術による治療が行われます。

「保存的治療」では、運動やマッサージによる生活習慣の改善や弾性ストッキングによる静脈還流のサポートなど、日常生活の中で症状を改善・進行の予防することになります。

弾性ストッキングとは

弾性ストッキングは、足を締めつけることにより、ふくらはぎの筋ポンプ作用を助けることで静脈還流をうながし、足に血液がたまることを防ぐ器具です。

医療機関で処方されますが、個人でも購入することが可能です。さまざまなタイプのものがありますが、日常的に使うことになるためご自身に合った弾性ストッキングを選ぶようにしましょう。

-->
下肢靜脈瘤を対策するサプリメントを見る