不安をなくそう!下肢静脈瘤のやさしい解説まとめ

下肢静脈瘤がよくわかるサイト » 東京にある下肢静脈瘤クリニック » アヴェニューセルクリニック
 

アヴェニューセルクリニック

このページでは、表参道駅から徒歩1分にある「アヴェニューセルクリニック」について紹介しています。クリニックの口コミ評判や特徴のほか、下肢静脈瘤の治療についてまとめました。

アヴェニューセルクリニックの口コミ評判

  • まるで高級サロンのようにキレイな院内、感じの良い受付スタッフ、親切な看護師さんなど良いところがたくさんあるクリニックです。もちろん医師はしっかり診察してくれますし、説明を受けてとても安心しました。患者さんの立場に立った対応をしてくれるとても素敵なクリニックだと思います。
    参照元:caloo(https://caloo.jp/hospitals/detail/4130003029/reviews)
  • 表参道の駅からすぐ、おしゃれなお店が立ち並ぶ一角にあるクリニックです。院内はキレイで居心地が良く、医師や看護師、受付などすべてスタッフの対応が親切。とくに医師の知識や技術は信頼できるものだと思います。
    参照元:エキテン(https://www.ekiten.jp/shop_16232055/)
  • 症状にとても悩んでいたのですが、医師にしっかりと話を聞いてもらえて安心しました。とにかく医師や看護師の対応が素晴らしく、もっと早く受診していれば良かったなあ…と思いました。文句のつけようもなく、これからも通いたいと思えるクリニックです。
    参照元:caloo(https://caloo.jp/hospitals/detail/4130003029/reviews)

アヴェニューセルクリニックの特徴

アヴェニューセルクリニックは形成外科・血管外科・皮膚科・内科・整形外科のクリニックです。再生医療やリンパ浮腫の治療、下肢静脈瘤の治療などに対応しており、下肢静脈瘤の治療では日帰りで受けられる手術も行っています。

なお、下肢静脈瘤の診療にあたるのは院長である井上啓太医師。井上院長は下肢静脈瘤血管内焼灼術実施医であり、日本形成外科学会専門医の資格も取得しています。まず超音波検査で静脈瘤の症状をしっかりと確認したうえで治療内容を決定。治療では血管内レーザー焼灼のほかスタブ・アバルジョン(小切開法)、高位結紮やストリッピング、硬化療法などを実施しています。

アヴェニューセルクリニックは平日・土曜日午後7時まで診療しているうえ、最寄り駅からのアクセスも抜群です。予約優先制のため、少しでも待ち時間を減らしたい方はあらかじめ電話をしてから来院するのがおすすめです。

アヴェニューセルクリニックの基本情報

  • 診療時間:10:00~19:00(14時~15時は休診)
  • 所在地:東京都港区南青山3-18-16 ル・ボワビル3F
  • アクセス:表参道駅から徒歩1分
  • 休診日:日曜日
  • 電話番号:0120-382-300

下肢静脈瘤の治療内容

下肢静脈瘤の治療方法は病状によって処置が変わってきます。

血管が網目状に浮き出るなどの症状がある場合には、薬の注射や手術による治療が行われます。

軽症例や手術後の再発防止には、手術や薬を用いない「保存的治療」が中心となります。

「保存的治療」では、運動やマッサージによる生活習慣の改善、弾性ストッキングによる静脈還流のサポートなどで日常生活の中で症状を改善・進行の予防することになります。

弾性ストッキングとは

弾性ストッキングは、足を締めつけることにより、ふくらはぎの筋ポンプ作用を助けることで静脈還流をうながし、足に血液がたまることを防ぐ器具です。

医療機関で処方されますが、個人でも購入することができます。日常的に使うことになるため、ご自身に合った弾性ストッキングを選ぶようにしましょう。

-->
下肢靜脈瘤を対策するサプリメントを見る