不安をなくそう!下肢静脈瘤のやさしい解説まとめ

下肢静脈瘤がよくわかるサイト » 東京にある下肢静脈瘤クリニック » 北青山Dクリニック
 

北青山Dクリニック

ここでは、下肢静脈瘤のレーザー治療を行う北青山Dクリニックの特徴や、口コミ・評判、基本情報を紹介しています。

北青山Dクリニックの口コミ評判

  • 北青山Dクリニックで、手術を受けて良かったと思います。仕事で立っていても足が気にならず、正座も違和感なくできるようになりました。下肢静脈瘤の手術が、何より短時間・日帰りで済んだのがうれしいです。
  • 長年ふくらはぎのコブに悩んでいましたが、手術をして良かったと思います。先生や看護師の方が丁寧に対応してくださり、手術時間も短かかったので助かりました。傷跡も気にならなくなり、素足で外出できるようになりました。
  • 日帰り手術でお世話になりました。どうしたらよいかわからず最初はメールで問い合わせをしたのですが、すぐに返事がもらえました。診療の時も説明が丁寧でわかりやすく、病院の雰囲気もよくて、不安なく手術を受けることができました。

北青山Dクリニックの特徴

北青山Dクリニックは日帰り手術、予防医療を基本コンセプトとしたクリニックです。

ストリッピング手術による日帰り治療のほか、当時はあまり普及していなかった血管内レーザー治療を2005年から導入して、数多くの症例を重ねてきました。

現在では、下肢静脈瘤の治療はレーザー治療を主体に行っており、2014年に保険適用されたばかりの1470nmレーザーはもちろん、2000nmの最高波長レーザー治療にも対応しています。

さらには、高周波(RF/ラジオ波)治療も導入することで、あらゆるタイプの下肢静脈瘤に対して日帰り手術が可能になっています。

北青山Dクリニックの基本情報

  • 診療時間:9:30~18:00(月~金)9:30~17:00(土)
  • 所在地:東京都渋谷区神宮前3-7-10 AKERAビルB1
  • アクセス:東京メトロ・表参道駅から徒歩7分/東京メトロ・外苑前駅から徒歩5分
  • 休診日:日曜
  • 電話番号:050-7301-4555

下肢静脈瘤の治療内容

下肢静脈瘤の治療方法は病状によって異なります。

血管が太く浮き出ていたり、網目状に浮き出ていたりする場合には薬の注射や手術による治療が行われます。

軽症例や手術後の再発防止には、手術や薬を用いない「保存的治療」が中心となります。

「保存的治療」では、運動やマッサージによる生活習慣の改善や弾性ストッキングによる静脈還流のサポートなどで日常生活の中で症状を改善・進行の予防することになります。

弾性ストッキングとは

弾性ストッキングは、足を締めつけることにより、ふくらはぎの筋ポンプ作用を助けることで静脈還流をうながし、足に血液がたまることを防ぐ器具です。

医療機関で処方されますが、個人でも購入することができます。さまざまなタイプのものがありますが、日常的に使うことになるためご自身に合った弾性ストッキングを選ぶようにしましょう。

-->
下肢靜脈瘤を対策するサプリメントを見る