不安をなくそう!下肢静脈瘤のやさしい解説まとめ

下肢静脈瘤がよくわかるサイト » 東京にある下肢静脈瘤クリニック » 杉並すだクリニック
 

杉並すだクリニック

杉並すだクリニックについての口コミ評判と治療方法、クリニックの基本情報についてご紹介しています。

杉並すだクリニックの口コミ評判

  • とても熱心な先生がいるので、しっかり話を聞いてくれます。さらに的確なアドバイスもあり、受診して良かったです。さらに看護婦さんも優しくて、安心して診察できました。院内は清潔感があって、外装・内装ともに新しい感じでした。
    参照元:病院なび(https://byoinnavi.jp/clinic/262707/reviews#review_23298)
  • HPで予約し、受診したせいか、待ち時間がほとんどありませんでした。クリニックも非常にキレイで良かったです。先生も丁寧に診察してくださり、これからも杉並すだクリニックにお世話になりたいと思います。
    参照元:病院なび(https://byoinnavi.jp/clinic/262707/reviews#review_23298)
  • 下肢静脈瘤の手術をしました。私が行った手術は痛みもなく、当日のうちに帰宅できて、ほとんど負担がなかったです。足も軽くなり、少し細くなった気も。個室や休憩室もあり、とても綺麗でした。予約優先なので、予約さえしていれば待ち時間もなかったです。
    参照元:病院なび(https://byoinnavi.jp/clinic/262707/reviews#review_23298)

杉並すだクリニックの特徴

下肢静脈瘤と循環器を専門に治療を行っているクリニックです。最寄駅からも徒歩3分と通いやすく、保険治療だけでなく自由診療にも対応しています。

院長の須田 優司医師は、信州大学医学部を卒業。その後、東京女子医科大学東医療センター・東京厚生年金病院外科などで心臓血管外科や下肢静脈瘤などについて学び、治療の経験を積んだそうです。予防医学にも力を入れており、健康長寿になるためのサポートにも力を入れているクリニックでしょう。

下肢静脈瘤の治療は、保険適用の日帰り手術を実施。体への負担も少なく、費用負担も抑えた治療を提供しています。

杉並すだクリニックの治療方法

レーザー血管内焼灼術(保険適用)

半導体レーザーやラジオ波(高周波)によって、静脈を焼灼する治療です。最もオーソドックスな方法であり、杉並すだクリニックでも、ほとんどのケースで選択される治療法になります。レーザ波長が1470nmの機種を用いており、保険適応が可能になっています。

ストリッピング抜去術(保険適用)

静脈瘤の治療としてはメジャーな方法で、静脈瘤のある部位を取り除く治療法になります。杉並すだクリニックでは局所麻酔で行えるように工夫し、日帰りでの治療が可能です。歩いて帰宅することができるなど、日常生活での負担も最小限に抑えられるようにしています。

硬化療法(保険適用)

硬化療法専用の薬剤であるフォーム硬化剤を静脈瘤に注入し、静脈をなくす治療です。硬化剤の影響によって、腫れる、色素沈着などが起きることもありますが、時間経過とともに薄くなっていくでしょう。杉並すだクリニックでは眼科や美容外科などで用いられている極小の注射針を使用しているため、針を刺す痛みをなるべく抑えることができます。

圧迫療法(医療用弾性ストッキング)

根本的な治療ではありませんが、症状を緩和するなどの効果が期待できる弾性ストッキング。ただ吐き方によって効果が大幅に変わってくるため、適切に履く必要があります。杉並すだクリニックでは弾性ストッキングコンダクターの資格を取得した看護師がサポート。選び方のポイントや履き方のコツ、お手入れの仕方など、医療用弾性ストッキングに関するアドバイスを行ってくれます。

杉並すだクリニックの基本情報

診療時間 9:00~13:00、15:00~19:00(土曜のみ14時まで。月曜の午後は休診)
所在地 東京都杉並区井草1-16-4
アクセス 西武新宿線『下井草駅』から徒歩3分
休診日 月曜午後・日曜・祝日
電話番号 03-3395-1192
-->
下肢靜脈瘤を対策するサプリメントを見る