不安をなくそう!下肢静脈瘤のやさしい解説まとめ

下肢静脈瘤がよくわかるサイト » 下肢静脈瘤の対策方法 » ブッチャーズブルーム
 

ブッチャーズブルーム

ブッチャーズブルームにはどんな働きがあるのでしょうか。ここでは、下肢静脈瘤に効果的だとされる、ブッチャーズブルームについて解説しています。

下肢静脈瘤・むくみ・冷え性解消に働きかける血行ハーブが、「ブッチャーズブルーム」です。

下肢静脈瘤に効果的なブッチャーズブルームとは

北西ヨーロッパなどが原産のユリ科の植物であるブッチャーズブルーム。その名前の由来は、イギリスで20世紀頃までこの植物を束にしたものを肉屋が箒(ほうき)としてまな板の掃除に使っていたからだと言われています。

ブッチャーズブルーム(和名:ナギイカダ)は、ヨーロッパでは古くから利尿作用や便秘解消に効果があるとされてきました。

また、強い抗酸化作用による体内の脂質やコレステロールの酸化を防いだり、体内に溜まった毒素の排出をサポートすることから、むくみ改善効果があるため下肢静脈瘤の予防に有効だと考えられています。

成分としては、茎根に含まれている「ルスコゲニン」と「ネオルスコゲニン」。この2つはどちらもステロイド成分でありサポニンの一種です。

ブッチャーズブルームは2000年以上前からメディカルハーブとして利用されており、現在ドイツでは医薬品として認められているなどヨーロッパ諸国で民間薬として広く用いられている他、ハーブティーとしても親しまれています。

なお、アスパラガスのような新芽の部分は食べることもできますが、独特の苦味があります。

下肢静脈瘤に効果的なブッチャーズブルームの働き

ブッチャーズブルームの茎根には、血管を収縮させ炎症を抑える働きがある成分が含まれています。

そのため、関節炎やリウマチの腫れや痛みの緩和、末梢血管で血液が滞ることで起こるむくみなどの改善に使われています。

特にむくみ改善には効果的で、ルスコゲニンとネオルスコゲニンという成分には、毛細血管を広げて血流をスムーズにする作用があることが分かっています。

また、内出血しやすい毛細血管を修復し、溶血作用や造血作用を高める働きがあると期待されています。

さらにどちらも強い抗酸化力があり、体内の糖質やコレステロールの酸化を防いでくれます。

血管内の脂質が酸化すると動脈硬化などの原因になるため、脂肪の酸化を抑えることは重要です。

毛細血管を元気にする
ヒハツを詳しく見る

下肢静脈瘤に効果的なブッチャーズブルームを使ったレシピ

インターネット上では、情報を見つけられませんでした。

下肢静脈瘤に効果的なブッチャーズブルームを上手に摂取するには

ブッチャーズブルームを生の食材として入手するのは困難です。

むくみや下肢静脈瘤が気になる方は、サプリメントなどの健康食品で上手に摂ることができます。

ブッチャーズブルームのサプリメントは海外・国内メーカーなどから発売されており、一ヶ月分500~1,000円程度で購入でき、ビタミンC・Eなどとあわせて摂取することで、より高い効果が得られるともいわれています。

自分の悩みに合わせて、自分に合ったサプリを探してみましょう。

-->
下肢靜脈瘤を対策するサプリメントを見る